こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Magnum(マグナム)|21枚目のアルバム『The Serpent Rings』をリリース

タグ : ハードロック/ヘヴィメタル(HR/HM)

掲載: 2020年03月06日 11:11

1972年にイギリスのバーミンガムで結成され、1978年にアルバム『KINGDOM OF MADNESS』でデビューを果たしたマグナム。80年代から90年代の初頭にかけて、3rdアルバム『CHASE THE DRAGON』(1982年:全英チャート最高17位)や『WINGS OF HEAVEN』(1988年:最高5位、8thアルバム『GOODNIGHT L.A.』(1990年:最高位9位)など、数々のヒット作を生み出した彼らは1996年に音楽シーンの変化もあって解散。しかし、2001年に再結成を実現させると、その後は約2年に1枚のペースでスタジオ・アルバムをリリースし続けている。

2012年に発表した17thアルバムの『ON THE 13TH DAY』が久しぶりにイギリス・チャート・トップ50(最高43位)にランク・インすると、続く18thアルバム『ESCAPE FROM THE SHADOW GARDEN』(2014年)が最高38位、19thアルバム『SACRED BLOOD “DIVINE” LIES』(2016年)が最高31位、20thアルバム『LOST ON THE ROAD TO ETERNITY』(2018年)が最高15位とアルバム枚にチャートの順位がアップ。バンドの人気が拡大し続ける中、約2年ぶりに完成させたのがこの21thアルバムの『ザ・サーペント・リングス』である。

ボブ・カトレイ(ヴォーカル)とトニー・ラーキン(ギター)のオリジナル・メンバー2人と、今作が2作目の参加となるリック・ベントン(キーボード)とリー・モリス(ドラム)、さらに再結成以降、長きに渡ってベースをプレイしていたアル・バロウが2019年に脱退したため、新たに元ピンク・クリーム69のデニス・ワード(ベース)を迎えた新体制で制作された本作は、近作同様にドラマティックなハード・ロック・チューンのオン・パレードとなっており、幻想的なムードもあるのが特徴となっている。

オーケストラ・サウンドが入った「ホエア・アー・ユー・エデン?」や「ジ・アーチウェイ・オブ・ティアーズ」、優雅な「ザ・サーペント・リングス」や「ザ・グレイト・アンノウン」、メロウな「ザ・ラスト・ワン・オン・アース」といった気品溢れる楽曲を中心にしつつ、小気味のいいロック・チューンの「ノット・フォーギヴン」もあるなど、ロックの醍醐味も存分に味わえるような楽曲が並んでおり、アルバム全編でトニーの抜群のソングライター力が発揮されている。英国のバンドらしいウエットな質感のある叙情派のヴォーカル・メロディ、ボブのエモーショナルな歌唱も素晴らしく、まさにヴェテランの風格を感じさせる傑作が登場したと言えるだろう。尚、アルバムのアートワークはロドニー・マシューズが手掛けている。

日本語解説書封入/歌詞対訳付き


【収録曲】
01. ホエア・アー・ユー・エデン?
02. ユー・キャント・ラン・ファスター・ザン・ブレッツ
03. マッドマン・オア・メサイア
04. ジ・アーチウェイ・オブ・ティアーズ
05. ノット・フォーギヴン
06. ザ・サーペント・リングス
07. ハウス・オブ・キングス
08. ザ・グレイト・アンノウン
09. マン
10. ザ・ラスト・ワン・オン・アース
11. クリムゾン・オン・ザ・ホワイト・サンド

【メンバー】
ボブ・カトレイ(ヴォーカル)
トニー・クラーキン(ギター)
デニス・ワード(ベース)
リック・ベントン(キーボード)
リー・モリス(ドラムス)

 

HARD ROCK/HEAVY METAL