こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ジョヴァンニ・アントニーニのハイドン交響曲全曲収録シリーズ第9巻!イル・ジャルディーノ・アルモニコとの“交響曲第45、35、15番” に、ピオーが歌う声楽曲!

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2020年12月11日 00:00


[Alpha Classics 公式チャンネルより]

交響曲全曲録音第9巻!「別れ」をテーマにした厳選3曲、ピオーが歌うハイドン晩年の稀少声楽曲入り

イタリアの古楽器合奏団イル・ジャルディーノ・アルモニコを主宰するジョヴァンニ・アントニーニが、この団体とバーゼル室内管弦楽団を指揮して進める交響曲全曲録音シリーズHAYDN2032。
作曲家の生誕300周年までの完成をめざし名演が次々現れるプロジェクトですが、今回新たに登場する第9弾のテーマは「別れ」。
旅立ちや人生の転機が何かしら作品成立の背景にあった3曲の交響曲のうち、中軸を占めるのはやはり「告別」の綽名で知られる第45番……疾風怒濤期特有のスリリングな短調展開がクライマックスに達したところで突如ゆったり始まる各楽器のソロ部分は、名手揃いのこの楽団だからこその頼もしさで、最後まで聴きどころに事欠かない精妙解釈を味わえます。
エステルハージ宮廷楽団着任後まもなく書かれた第15番、ニコラウス侯の人生に大きな影響を及ぼした旅からの帰還を祝う第35番も、それぞれダイナミックかつスタイリッシュな逸品。
最後の交響曲第104番とともに、ハイドンのロンドン滞在の末尾を飾った演奏会で披露された独唱曲は、贅沢にも名歌手ピオーの歌で聴くことができます。発見に満ちた77分あまりを彩る、最新の研究成果が反映された解説も充実の内容です。
(ナクソス・ジャパン)

【曲目】
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン(1732-1809):
1-4. 交響曲 第35番 変ロ長調 Hob.I:35
5-9. 交響曲 第45番 嬰ヘ短調 「告別」 Hob. I:45

10-12. ベレニーチェの告別の場面(レチタティーヴォとアリア) Hob.XXIVa:10
10. レチタティーヴォ「ベレニーチェ、何をしているの?」
11. カヴァティーナ「行かないで、美しい愛しい人」~
レチタティーヴォ「みじめなわたし!」
12. アリア「どうして、そんなにひどい目にあわせておきながら」

13-16. 交響曲 第15番 ニ長調 Hob.I:15

【演奏】
ジョヴァンニ・アントニーニ(指揮)
イル・ジャルディーノ・アルモニコ(古楽器使用)
サンドリーヌ・ピオー(ソプラノ)…10-12

【録音】
2018年11月1-5日
グスタフ・マーラー・ホール(エウレジオ文化センター)、ドッビアーコ(イタリア北東部ボルツァーノ県)、イタリア

輸入盤

 

国内仕様盤

[日本語解説・歌詞訳付き]