こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

メータ&ミュンヘン・フィルのハイドン“天地創造”2019年ライヴ!エルトマン、パーペ共演

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2021年03月12日 12:00

メータ

2019年ズービン・メータ休養復帰直後の、見事なバランスによる「天地創造」のライヴ録音!

ハイドンの「天地創造」はオラトリオの歴史における画期的な出来事であり、ハイドンがウィーンの古典主義の範囲をはるかに超えて新しい基準を設定した作品です。活気に満ちた世界の創造について、当時の斬新な力で評価されたこの作品は、美しい絵のようで、幸福感に満ちたアリア、祝福的な合唱が特徴としています。これらはすべて、ハイドンの時代を超えたメッセージを強調し、創造の美しさと多様性を認め、維持することを私たちに勧めています。
ハイドンがこのオラトリオ「天地創造」を作曲していたとき、フランス革命末期の時代であり、多くの血が流れたばかりでした。ヨーロッパでは、その背後にある一連の連合戦争の最初のものにすぎませんでした。オラトリオは混沌の描写から始まりますが、数分後に輝くハ長調に道を譲ること。それは、ハイドンと彼の台本作家ゴットフリート・ヴァン・ズヴィーテンは、啓蒙主義の精神で調和のとれた世界秩序を祝うことでした。啓蒙主義は、その直前に示されたばかりでした。アダムとイブは、このオラトリオ中では罪を犯していません。作曲家が愛情を込めて描いた動物たちは、それぞれを食べることもありません。そして光は、初めて昇ったばかりの太陽のすべての上に輝いています。
巨匠ズービン・メータのこの演奏は、この演奏の前年病気で長い休養をとり復帰したばかりのもので、「創造」の成功を確実にしたのは、まさに自分の現実との対比であったように、光あふれる音を引き出し、構造化され、完璧な独唱、合唱、オーケストラとのバランスがとっています。この公演では名オペラ歌手、モイツァ・エルトマン、ディミトリー・コルチャック、ルネ・パーペという濃厚そうなオペラ歌手たちが起用されていますが、この3人のキャストにもかかわらず、鮮やかなフレージングとアーティキュレーションによって、小さな音の場面でも素晴らしい音色と表現によって、繰り返し美音を照らしています。
当日のこの演奏について南ドイツ新聞は、『ズービン・メータがハイドンの「天地創造」を指揮するとき、それはウィーンの古典派時代への旅のようなもので、すべてガスタイクを吹き飛ばし生き返った歴史的演奏!そのパフォーマンスの強みは、退屈することなく、バランスの取れた倍音の順序に従うことができた。近年の古楽器演奏の「天地創造」は作品に活気づけることに成功したが、難点であるダイナミックな荒削りな部分はメータの演奏にはいっさいありません。ハイドン時代の強調された意味での「古典」であり、そのバランスは音楽的に安定させた見事な演奏』と、高い評価をしています。
(ワーナーミュージック)

【曲目】
ハイドン:オラトリオ『天地創造』 Hob.XXI:2(全曲)

【演奏】
モイツァ・エルトマン(ソプラノ:ガブリエル、エヴァ)
ディミトリー・コルチャック(テノール:ウリエル)
ルネ・パーペ(バス:ラファエル、アダム)
ミュンヘン・フィルハーモニー合唱団
ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
ズービン・メータ(指揮)

【録音】
2019年6月22-24日
ミュンヘン、ガスタイク・フィルハーモニーでのライヴ