こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ベルリン古楽アカデミーのメンバーがモーツァルトのセレナード第10番“グラン・パルティータ”と第11番を録音!

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2021年04月06日 00:00

ベルリン古楽アカデミー

ベルリン古楽アカデミーの精鋭による「グラン・パルティータ」

ベルリン古楽アカデミーのメンバーによるモーツァルトの「グラン・パルティータ」がリリースされます。
本作は、通常の八重奏(オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴット各2)にさらに管楽器4本とコントラバスを加えた13人という編成で全7楽章、演奏時間は約50分を要する大規模な作品です。
名手揃いのベルリン古楽アカデミーの秀逸なアンサンブルは、聴きごたえがあり、特にバロック・オーボエの名手クセニア・レフラーのソロなどはっとするような美しさで、この曲の魅力を存分に伝えてくれます。また妙技を強調するではなく、それぞれのメンバーの演奏がのびのびとしていて、かつ嬉々とした生気が感じられる演奏です。

カップリングには、セレナード第11番を収録。全5楽章モーツァルトが好んだ調性変ホ長調で書かれ、モーツァルトならではの瑞々しい色彩を持ち、各楽器の掛け合いが聴きもの。
モーツァルトは13曲のセレナーデを残していますが、管楽器だけのために書かれたのは、前述の第10番、この第11番、そして第12番の三作品。ベルリン古楽アカデミーの精鋭による演奏は必聴です。
(キングインターナショナル)

【曲目】
モーツァルト:
セレナード第11番 変ホ長調 K.375
セレナード第10番 変ロ長調「グラン・パルティータ」K.361

【演奏】
ベルリン古楽アカデミー
[メンバー]
クセニア・レフラー(オーボエ)
ミヒャエル・ボッシュ(オーボエ)
エルンスト・シュラーダー(クラリネット/K.375 and バセットホルン/K.361)
マルクス・シュプリンガー(クラリネット)
ベンヤミン・ライセンベルガー(クラリネット)*
フィリップ・カステホン(バセットホルン)*
エルヴィン・ヴィーリンガ(ホルン)
ミロスラフ・ロヴェンスキ(ホルン)
ヤナ・シュヴァドレンコヴァー(ホルン)*
ヴィクトリア・ハウアー(ホルン)*
ジェーン・ガワー(ファゴット)
エクハルト・レンツィング(ファゴット)
クリスティーネ・シュティハー(コントラバス)*

*K.361のみ

【録音】
2020年1月、テルデックス・スタジオ・ベルリン

輸入盤

 

国内仕様盤

[日本語帯・解説付き]