こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

キリル・ペトレンコ&バイエルン国立管/マーラー:交響曲第7番~同歌劇場自主レーベルBSOrec第1弾!

カテゴリ : ニューリリース | タグ : GUSTAV MAHLER

掲載: 2021年04月12日 10:00

更新: 2021年04月22日 12:00


※ こちらの映像は公開後4カ月で削除されます。ご了承くださいませ。
(2021/04/22)

バイエルン国立歌劇場自主レーベルBSOrec始動。
第1弾はペトレンコ指揮による高密度のマーラー7番!

17世紀のバイエルン選帝侯の宮廷歌劇場に起源を持ち、モーツァルトやワーグナーのオペラを初演してきたドイツ屈指の名門、バイエルン国立歌劇場が自主レーベルBayerische Staatsoper Recordings(BSOrec)をスタート。そのリリース第1弾に選ばれたのは、2013-20年に音楽総監督を務めたキリル・ペトレンコ指揮による「マーラー: 交響曲第7番」のライヴ録音!

2018年5月28日と29日にミュンヘンで行われた演奏会は、灼熱の完全主義者ペトレンコの下で、超高精度・超高密度、そして緊密なコントロールが生み出す高い緊張感で聴衆や評論家を圧倒し、続くロンドン公演でも大喝采を浴びました。レーベルの船出にふさわしい1枚です。

「このマーラー7番はあらゆる点で議論の余地なく最上級だ」・・『ジ・アーツ・デスク』
「素晴らしいバイエルン国立管弦楽団による真に輝かしいマーラー7番」・・・『ザ・ガーディアン』
「バイエルン国立管弦楽団による、息をのむばかりの完璧な演奏」・・・『アーベントツァイトゥング』
「超高解像度のマーラー。CDはいつ出るのか?」・・・『ミュンヘン・メルクール』

【曲目】
グスタフ・マーラー(1860-1911): 交響曲第7番 ホ短調 「夜の歌」
1. I. Langsam (Adagio) - Allegro risoluto, ma non troppo (20:47)
2. II. Nachtmusik I. Allegro moderato (14:20)
3. III. Scherzo. Schattenhaft. Fließend, aber nicht schnell (9:22)
4. IV. Nachtmusik II. Andante amoroso (11:45)
5. V. Rondo-Finale. Allegro ordinario (16:18)
TTL 72:32
※ 演奏時間は原盤ブックレット記載のものです。
【演奏】
キリル・ペトレンコ(指揮)
バイエルン国立管弦楽団
【録音】
2018年5月28日&29日
ミュンヘン、バイエルン国立歌劇場(ライヴ)
【仕様】
・74ページ(英語/ドイツ語)ブックレット付
・厚さ12mm

輸入CD

BSOREC0001(CD)

 

輸入盤:国内流通仕様CD

NYCX-10223(CD)
※ 日本語解説付き

 

バイエルン国立歌劇場管弦楽団

BSOrec バイエルン国立歌劇場自主レーベルへの期待
広瀬大介

ドイツ・ミュンヘンの音楽文化を牽引するバイエルン国立歌劇場。客席入場率はつねにドイツのトップを走り、人気歌手が登場するオペラ公演は発売と同時に売り切れてしまう。地元のファンには心から愛され、近年の音楽的な完成度の向上は目覚ましい。前任の音楽監督キリル・ペトレンコによる重量級のオペラ公演は、そのすべてが驚くべき緊張感と集中力に支えられた名演揃いであり、「アカデミー演奏会」と銘打ったオーケストラ公演では、日頃ピットの中にいるオーケストラが、晴れの舞台を満喫する歓びを音楽で十全に表現してみせる。新音楽監督ウラディーミル・ユロフスキとの協力関係がいよいよ始まろうかという折に、新型コロナ禍で思わぬ足踏みを強いられはしたが、両者の協力によって音楽的完成度はさらなる高みへと至るだろう。満を持して登場する独自レーベルによって、その活動がさらに多くのひとに伝わるよう、この歌劇場に「聴く耳」を育ててもらった聴き手のひとりとして、心から願わずにはいられない。

バイエルン国立歌劇場は、17世紀に創設されたバイエルン選帝侯の宮廷歌劇場を起源とし、モーツァルトやワーグナーの歌劇を初演した歴史を持つドイツを代表する名門歌劇場。ハンス・フォン・ビューロー、ブルーノ・ワルター、ハンス・クナッパーツブッシュ、ゲオルグ・ショルティ、クレメンス・クラウス、ルドルフ・ケンペ、ヨーゼフ・カイルベルト、ヴォルフガング・サヴァリッシュ、キリル・ペトレンコ…といった音楽史上屈指の名指揮者を音楽監督に迎え、錚々たる名歌手たちと築いて来た栄光の歴史を誇ります。
今回スタートする自主レーベルでは、今後の公演と過去の録音・録画から選りすぐってリリースしてゆきます。第1弾は2019/20シーズンまで音楽総監督を務めたキリル・ペトレンコと歌劇場管弦楽団によるマーラー: 交響曲第7番「夜の歌」のCD。第2弾として同じくキリル・ペトレンコ指揮、ヨナス・カウフマン他によるコルンゴルトの歌劇《死の都》(BD/DVD)を予定。
(ナクソス・ジャパン)

今後のリリース計画(順不同、発売日未定)
オーケストラはすべてバイエルン国立管弦楽団
<CD>
〇ベートーヴェン: 交響曲第2番、ブレット・デイーン: テスタメント
ウラディーミル・ユロフスキ(指揮) 録音: 2020年10月
〇シューベルト: 交響曲第8番 「ザ・グレート」
ズービン・メータ(指揮) 録音: 2021年1月
<映像作品>
〇コルンゴルト: 歌劇《死の都》
ヨナス・カウフマン(テノール)、マルリス・ペーターゼン(ソプラノ)
キリル・ペトレンコ(指揮) 収録: 2019年12月(7月発売予定)
〇アブラハムセン: 歌劇《雪の女王》
バーバラ・ハンニガン(ソプラノ)、レイチェル・ウィルソン(メゾ・ソプラノ)、ピーター・ローズ(バス・バリトン)
コルネリウス・マイスター(指揮) 収録: 2020年1月
〇ストラヴィンスキー: 歌劇《マヴラ》、チャイコフスキー: 歌劇《イオランタ》
バイエルン国立歌劇場オペラ・スタジオ、アレフティナ・ヨッフェAlevtina Ioffe(指揮) 収録: 2019年4月
〇リヒャルト・シュトラウス: 歌劇《ばらの騎士》
マルリス・ペーターゼン(ソプラノ)、クリストフ・フィシェッサー(バス)、サマンサ・ハンキー(メゾ・ソプラノ)、 ヨハネス・マルティン・クレンツレ(バリトン)、カタリーナ・コンラーディ(ソプラノ)
ウラディーミル・ユロフスキ(指揮) 収録: 2021年3月

バイエルン国立歌劇場