こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ケレメン、アルトシュテット、ロンクヴィヒによるコダーイ:二重奏曲&ドヴォルザーク:ピアノ三重奏曲第4番“ドゥムキー”

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2021年04月20日 00:00


[Alpha Classics 公式チャンネルより]

激しい躍動と高い緊張、そして歌謡性で聴かせるロッケンハウスのコダーイとドヴォルザーク

ドイツ・フランス系チェリストのニコラ・アルトシュテットはピリオド楽器とモダン楽器いずれも弾きこなす才人。ジョヴァンニ・アントニーニ指揮イル・ジャルディーノ・アルモニコやグスタボ・ドゥダメル指揮ウィーン・フィルと共演し、サロネンの新作チェロ協奏曲初演では作曲者からソリストに招かれるなど現役作曲家の信頼も篤く、更にウィーンのハイドン・フィルの音楽監督兼指揮者としてピリオド・スタイルを取り入れた鮮やかな演奏を聴かせ...と今最もボーダーレスな活躍を見せています。

その彼が2012年から音楽監督を務めるロッケンハウス音楽祭とALPHAとのプロジェクト、2020年のグラモフォン・アウォード室内楽部門を受賞したバルトークとヴェレシュの作品集に次ぐアルバムが登場。

音楽祭常連のバルナバーシュ・ケレメンとのデュオによるコダーイは、楽器がゴリっと鳴るような激しさの冒頭から耳を奪われますが、全編に漲る緊張感と、特にケレメンが故国の大作曲家に寄せた共感が心地よい、聴き応えのある出来栄えです。
やはり音楽祭でお馴染みのアレクサンダー・ロンクヴィヒが加わったドヴォルザークは、スラヴ色の強いメロディの歌謡性やリズムの躍動感が素晴らしい演奏。この「ドゥムキー」には、最後に第3楽章の初稿(未完)という興味深いおまけも収録されています。
(ナクソス・ジャパン)

【曲目】
1-3. ゾルターン・コダーイ(1882-1967):ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲 Op. 7
1. I Allegro serioso, non troppo
2. II Adagio - Andante
3. III Maestoso e largamente, ma non troppo lento - Presto

4-9. アントニン・ドヴォルザーク(1841-1904):ピアノ三重奏曲 第4番 Op. 90 《ドゥムキー》
4. I Lento maestoso - Allegro quasi doppio movimento
5. II Poco Adagio - Vivace non troppo
6. III Andante - Vivace non troppo
7. IV Andante moderato - Allegro scherzando
8. V Allegro - Meno mosso
9. VI Lento maestoso - Vivace

10. 「ドゥムキー」 III (初稿/断片) Allegro moderato e grazioso

【演奏】
バルナバーシュ・ケレメン(ヴァイオリン)
ニコラ・アルトシュテット(チェロ)
アレクサンダー・ロンクヴィヒ(ピアノ)…4-10

【録音】
2020年7月 聖ニコラス教会、ロッケンハウス

輸入盤

 

国内仕様盤

[日本語解説付き]

 

ケレメン、アルトシュテット、ロンクヴィヒ