こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ジョン・ウィルソン&シンフォニア・オヴ・ロンドンの新録音は録音希少なデュティユー:バレエ音楽“狼”!(SACDハイブリッド)

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2021年04月22日 00:00

ジョン・ウィルソン&シンフォニア・オヴ・ロンドン

新録音はなんとデュティユー! 滅多に録音されないバレエ音楽「狼」(フランス以外のオケでは初めて!)に、管弦楽伴奏版の3つの器楽作品!

レスピーギの「ローマ三部作」(RCHSA5261/CHSA5261)の世界的ヒットに続き、「弦楽のためのイギリス音楽」(RCHSA5264/CHSA5264)でも大反響を巻き起こしている(レコード芸術「特選盤」、英グラモフォン誌「Editor's Choice」等)、今もっとも注目を集める指揮者の一人、ジョン・ウィルソン。彼が再結成した"シンフォニア・オヴ・ロンドン"との新盤は、なんとデュティユーが登場!

20世紀後半のフランスを代表する作曲家、アンリ・デュティユー(1916ー2013)のバレエ音楽「狼(Le Loup)」は、ローラン・プティのダンス・カンパニーの委嘱により作曲され、1953年3月にパリで初演。録音も少なく、フランス以外のオーケストラによるレコーディングはこれが初となります。

カップリングには、1940年代にパリ国立高等音楽院のために書かれた3つの木管楽器のための作品を、吹奏楽のための「マスク」などでも知られるイギリスの作曲家、ケネス・ヘスケス(b.1968)がオーケストレーションを施した管弦楽伴奏版(世界初録音)も収録。
オルシノ・アンサンブルでの新録音「ベル・エポック」(RCHSA5282/CHSA5282)でも好評を博した天才アダム・ウォーカーを始め、ロンドン響の首席奏者ジュリアナ・コッホ、ロンドン・フィルの首席奏者ジョナサン・デイヴィスといった、イギリスの名手たちがソロを担当しています。
(東京エムプラス)

【曲目】
デュティユー:
1.バレエ音楽 《狼》
2.フルートとピアノのためのソナティネ
3.オーボエとピアノのためのソナタ
4.ファゴットとピアノのための 《サラバンドとコルテージュ》
(トラック2-4は、2019年ケネス・ヘスケスによるオーケストレーション/このオーケストレーション版は世界初録音)

【演奏】
ジョン・ウィルソン(指揮)
シンフォニア・オヴ・ロンドン
アダム・ウォーカー(フルート)[2]
ジュリアナ・コッホ(オーボエ)[3]
ジョナサン・デイヴィス(ファゴット)[4]

【録音】
2020年1月6日-9日
セント・オーガスティン教会(キルバーン、ロンドン)

輸入盤(SACDハイブリッド)

[日本語曲目表記オビ付き]

 

国内仕様盤(SACDハイブリッド)

[解説日本語訳&日本語曲目表記オビ付き]
解説:キャロライン・ポッター、ケネス・ヘスケス(日本語訳:生塩昭彦)