こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

マイケル・ナイマンの新曲収録!セバスティアン・クナウアー~『モーツァルト・ナイマン・コンサート』

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2021年05月14日 15:00


[Sebastian Knauer 公式チャンネルより]

モーツァルトとマイケル・ナイマンの作品を組み合わせ、斬新な感覚でピアノの新しい響きを探索したアルバム

1971年ハンブルク出身のピアニスト、セバスティアン・クナウアーは、現在世界的なクラシック音楽界で最も多才でまばゆいばかりのアーティストの1人となっています。
クナウアーは、フィリップ・アントルモン、アンドラーシュ・シフ、クリストフ・エッシェンバッハ、アレクシス・ワイセンベルクらに師事。Berlin Classicsより多くのアルバムを発売。ダニエル・ホープやソル・ガベッタなどとの共演や、俳優のクラウス・マリア・ブランダウアーとのコラボ、ドイツでの3つの音楽祭の創設および芸術監督を務めています。
近年クラシック音楽の革新者としての評判も獲得しており、作曲家アラシュ・サファイアンとの共同アルバム「ÜberBach」と「ThisIs(Not)Beethoven」は、世界各国でチャートインし、国際的アーティストとして位置づけました。

このアルバムはクナウアーの50歳という節目となるアルバムとし、作曲家マイケル・ナイマンがクナウアーのために作曲した6つの小品と、モーツァルトのピアノ作品とプログラミングされたものです。

ナイマンの作品は、反復的なミニマル・ミュージックの特質を残しながらも、モーツァルトの作品をより複雑な音楽構造を持たせながらも聴きやすく、心地よさを感じさせる不思議な感覚をもったもの。この組み合わせによって、モーツァルトとナイマンのジャンルという枠にとらわれず、斬新な感覚で楽器の音色の新しい響きを見出すことに成功しています。
(ワーナーミュージック)

『モーツァルト・ナイマン・コンサート』
【曲目】
1)モーツァルト:ピアノ・ソナタ第16番 ハ長調 K.545 ~ 第1楽章
2)ナイマン:クナウアーのための6つの小品 ~ K1
3)モーツァルト:ピアノ・ソナタ第10番 ハ長調 K.330 ~ 第2楽章
4)ナイマン:クナウアーのための6つの小品 ~ K2
5)モーツァルト:ピアノ・ソナタ第12番 ヘ長調 K.332 ~ 第3楽章
6)ナイマン:クナウアーのための6つの小品 ~ K3
7)モーツァルト:ピアノ・ソナタ第8番 イ短調 K.310 ~ 第1楽章
8)ナイマン:クナウアーのための6つの小品 ~ K4
9)モーツァルト:幻想曲 ハ短調 K. 475
10)ナイマン:クナウアーのための6つの小品 ~ K5
11)モーツァルト:ピアノ・ソナタ第9番 ニ長調 K.311 ~ 第3楽章
12)ナイマン:クナウアーのための6つの小品 ~ K6

【演奏】
セバスティアン・クナウアー(ピアノ)

【録音】
2020年