こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Leon Bridges(リオン・ブリッジズ)|通算3作目となる新作『ゴールド・ディガーズ・サウンド』!ロバート・グラスパーやテラス・マーティンがゲスト参加

掲載: 2021年05月21日 16:11

Leon Bridges

米テキサス出身のR&Bシンガーソングライター=リオン・ブリッジズの3年ぶり通算3作目となる新作『ゴールド・ディガーズ・サウンド』。 アルバムタイトルは、ロサンゼルスにあるスタジオ、ホテル、バー、演奏会場という要素を兼ね備えた施設「ゴールド・ディガーズ」が由来となっている。リオンが約2年にわたって住みこみ、仕事をし、時にはバーでお酒をたしなんだというこの空間でのアルバム制作作業は、ソウルフルな感動を彼に与えた。

アルバムのプロデューサーを務めたのは、リゾのメジャー・デビューアルバム『コズ・アイ・ラヴ・ユー』('20)を手掛けグラミー賞を受賞したリッキー・リード。リオンの前作『グッド・シング』収録の、グラミー賞最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンス賞を受賞した「ベット・エイント・ワース・ザ・ハンド」でも共作・プロデューサーとして名を連ねており、そんな相性抜群の二人が今作で再びタッグを組んでいる。

アルバムからの先行曲となる「モーターバイク」についてリオンは、この曲の発端はプロデューサー=ネイト・マーセローが制作したアフロビートのようなインスト音源で、親しい友人たちと30歳の誕生日をプエルトリコで過ごした時に感じたエネルギーにインスパイアされて書き上げたとコメント。今という瞬間を生き、大切な相手をバイクの後ろに乗せて逃げ出す様子を歌ったラブ・ソングである。 同曲のミュージック・ビデオは、ミュージシャン、プロデューサー、ドラマーなど多彩な才能で注目を集めるアンダーソン・パークが監督を務めた。

また、アルバムの1曲目「Born Again」にはロバート・グラスパーが、9曲目「Sweeter」にはテラス・マーティンが参加しており、新世代ジャズ・ミュージシャンとのケミストリーにも期待が高まる。2020年はツアーなどの開催はできなかったものの、ジョン・メイヤーをフィーチャーした「インサイド・フレンド」のほか、同じテキサス出身のグルーヴ・トリオ・バンド=クルアンビンとの楽曲「テキサス・サン」など、新曲をコンスタントにリリースしてきた。2021年は、7月のアルバムの発売後に9月にはボナルーやガバナーズ・ボールなど、アメリカで開催予定の音楽フェスティバルへの出演も決定しており、ファンにとってはうれしいアクティブな1年となりそうだ。

輸入 CD

輸入 LPレコード(Vinyl)

輸入 LPレコード(Gold Vinyl)

輸入 LPレコード(Alternate Cover Vinyl)

Track list
01. Born Again (Leon Bridges & Robert Glasper)
02. Motorbike
03. Steam
04. Why Don't You Touch Me
05. Magnolias
06. Gold-Diggers (Junior's Fanfare)
07. Details
08. Sho Nuff
09. Sweeter (feat. Terrace Martin)
10. Don't Worry (feat. Ink)
11. Blue Mesas