こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Erika de Casier(エリカ・ド・カシエール)|コペンハーゲンを代表するR&Bの才媛の〈4AD〉移籍後初アルバム『Sensational』

タグ : クラブ/テクノ ソウル/R&B

掲載: 2021年06月01日 17:01

Erika de Casier(エリカ・ド・カシエール)『Sensational』

ジャネット・ジャクソンやアリーヤに影響を受けた涼味あふれるスムースな歌唱と、ハウスやテクノ、アンビエント、エレクトロニカ、ジャングルなど様々なスタイルを消化したデンマークの異能集団Regelbauを出自にもつプロダクション・センスで話題を呼ぶエリカ・ド・カシエールが〈4AD〉移籍後初となる最新アルバム『Sensational』のリリース!

アルバムは、2019年に自主制作したデビュー作『Essentials』の世界をさらに拡張し、恋愛をテーマに愛を求める独身女性のステレオタイプを解体していく物語に加え、盟友DJ CENTRALことネイタル・ザックスを共同プロデューサー/エンジニアに迎えたプロダクションはAORやブラコンの艶も見事に取り入れた作品。エレガントでミニマルなバックトラックで悲恋を歌うラヴ・ソング「No Butterflies, No Nothing」、切ないギター・アルペジオとガラージR&Bを間引いたプロダクションが主役のシルキーな歌声を届ける「Drama」、ブリット・ファンク調のミッド・チューンを背に悪夢のようなデートを嘆くアンチ・バッドボーイ・チューン「Polite」といった先行シングルを含む全13曲を収録。アナログ盤はクリア・ヴァイナル仕様でのリリースとなる。

輸入盤CD


輸入盤LP


【収録曲】
01. Drama
02. Polite
03. Make My Day
04. All You Talk About
05. Insult Me
06. No Butterflies, No Nothing
07. Someone To Chill With
08. Acceptance (intermezzo)
09. Better Than That
10. Friendly
11. Secretly
12. Busy
13. Call Me Anytime

Erika de Casier(エリカ・ド・カシエール)