こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

マッシミリアーノ・バッジョ&コッラード・グレコによる『ブラームス:ピアノ4手連弾による交響曲全集 Vol.1』~交響曲第1番&大学祝典序曲

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2021年06月16日 00:00

ブラームス:ピアノ4手連弾による交響曲全集 Vol.1

作曲者自身の編曲による1台ピアノ4連弾版!
ブラームスの"4手連弾"交響曲全集第1巻!

自らの交響曲や管弦楽曲、ピアノ協奏曲、室内楽曲などの数多くの作品を「1台ピアノ4手連弾」に編曲したヨハネス・ブラームス(1833-1897)。

このブラームスが遺した「1台ピアノ4手連弾」のための編曲作品に着目したイタリアのピアノ・デュオが、「1台ピアノ4手連弾版」による「交響曲全集」のレコ―ディングをスタート!

イタリアのピアニスト、コッラード・グレコとマッシミリアーノ・バッジョが全集録音の第1弾に選んだのは「交響曲第1番」と「大学祝典序曲」の2作品。
「1台ピアノ4手連弾」だからこそ明瞭に聞こえてくる声部を際立たせ、この2作品を完全に理解するために不可欠なニュアンスやディテールを表現することに成功しています。

マッシミリアーノ・バッジョは、ミラノのジュゼッペ・ヴェルディ音楽院を最優秀で卒業した後にセルジオ・フィオレンティーノに師事。クリスチーナ・フロシーニとピアノ・デュオを結成し、イタリアにおいてシューベルトの4手連弾作品の全曲を演奏した演奏家となった後、2006年から母校で教鞭を執り、2016年からは副学長を務めている重鎮ピアニストの1人です。マスタークラスのため、ここ日本にも度々来日しています。

バッジョとデュオを組むコッラード・グレコはミラノでアルベルト・モッツァーティとブルーノ・カニーノにピアノを学び、ジョヴァンニ・ソッリマやマッシモ・クァルタ、タチアナ・ヴァシリエヴァといった著名なソリストたちと共演を重ねている実力派。
(東京エムプラス)

『ブラームス:ピアノ4手連弾による交響曲全集 Vol.1』
【曲目】
ヨハネス・ブラームス(1833-1897):
交響曲第1番 ハ短調 Op.68(作曲者編曲によるピアノ4手連弾版)
大学祝典序曲 Op.80(作曲者編曲によるピアノ4手連弾版)

【演奏】
マッシミリアーノ・バッジョ(ピアノ)
コッラード・グレコ(ピアノ)

【録音】
2021年1月、グリファ&フィーリ・スタジオ(ミラノ、イタリア)