こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ピーター・ドノホーの圧倒的な技巧が冴える!ブゾーニのピアノ作品集

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2021年06月18日 00:00

ピーター・ドノホー

ピーター・ドノホーの圧倒的な技巧が冴える!
ブゾーニのピアノ作品集!

音楽性、スタイルの多様性、圧倒的なテクニックが高く評価されるイギリスの名ピアニスト、ピーター・ドノホーが、自身の成長にも大きな影響を与えたというフェルッチョ・ブゾーニ(1866-1924)の作品をレコーディング!

過去にはプロムスのコンサートでブゾーニのピアノ協奏曲を演奏したこともあるドノホーですが、イタリアのピアノ音楽との出会いは1981年、音楽学者ジョン・C・G・ウォーターハウス(1939-1998)から依頼された20世紀イタリア音楽を中心とするリサイタル・プログラムの作成と、いくつかの非常に価値ある作品の紹介であったといいます。ドノホーはそれまでそれらの作品のことをほとんど知らなかったため、その出会いを「私が成長する上で非常に重要な瞬間だった」と回想しています。
今回ドノホーが選んだプログラムには、ブゾーニの超絶技巧の頂点ともいえる3つの作品が含まれており、最後はJ.S.バッハのトランスクリプション(彼曰く「最も難しく、同時に最もやりがいがある作品」)で締めくくられます。

若かりし頃はパーカッショニストとして活躍した異色の経歴の持ち主であるピーター・ドノホーは、パリでイヴォンヌ・ロリオとオリヴィエ・メシアンにピアノを師事し、1981年のリーズ国際コンクール入賞、1982年のチャイコフスキー国際コンクールで最高位を獲得しています。

ブックレット(英語・ドイツ語・フランス語)には作品解説以外にドノホー自身によるノートも掲載されており、その中ではブゾーニの音楽に対する考えや想い(「彼の天性のピアニストとしての能力は、おそらくリストに匹敵するものであり、彼の音楽学的知識は無限であった」「20世紀の音楽史におけるブゾーニの貢献は計り知れないものがある」「数十年に渡ってブゾーニの作品に触れてきたことで、とても豊かな気持ちになっている」)が語られています。
(東京エムプラス)

『ブゾーニ:ピアノ作品集』
【曲目】
フェルッチョ・ブゾーニ(1866-1924):
1.トッカータ BV287

2.悲歌集 BV249、BV252〔転機のあとに、イタリア風、わが魂は汝に望みを託す(コラール前奏曲)、トゥーランドットの居間(間奏曲)、夜のワルツ、できごと(夜曲)、子守歌〕

3.ソナチネ第6番 -ビゼーの《カルメン》に基づく室内幻想曲 BV284

4.トッカータ BV29(J.S.バッハの《トッカータ、アダージョとフーガ》 BWV564のトランスクリプション)

【演奏】
ピーター・ドノホー(ピアノ)

【録音】
2021年2月13日-15日、ポットン・ホール(イギリス、サフォーク)