こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

トリオ・ボガーニ~オーボエ、ファゴット、ピアノの三重奏によるシューベルト:連作歌曲集“冬の旅”

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2021年06月24日 00:00

トリオ・ボガーニ

これはユニーク!
オーボエ、ファゴット、ピアノの三重奏による
シューベルトの「冬の旅」全曲!

「冬の旅」にユニークな1枚が加わります!オーボエとファゴットの2つの木管楽器とピアノによる三重奏版の登場です!
「オーボエとファゴットで人間の声と同じように自然に呼吸し歌うことができることを示したいと思いました。しかし、それはヴィルヘルム・ミュラーの詩を軽視したのではなく、私たちの演奏でその詩を頭の中で思い描いていただけけるように心をこめて演奏しました。」と語る奏者たち。「冬の旅」で歌われる憧れと絶望的で陰鬱な雰囲気をも驚くべき表現力で語りかけてきます!

オーボエのクララ・デント=ボガーニはザルツブルク・モーツァルテウム、ミュンヘン音楽大学で学び、1991年にはギリシャのテッサロニキの劇場でソリスト・デビューを果たした逸材。1999年からベルリン放送交響楽団の首席オーボエ奏者を務めるほか、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、バイエルン国立歌劇場管弦楽団といった一流のオーケストラの客演もこなしております。現在はニュルンベルクの音楽大学で教鞭をとり、後進の指導にもあたっています。

ファゴットのベンチェ・ボガーニは1997年にフィンランドで開催されたクルーゼル国際コンクールで第1 位となり、同年フィンランド国立歌劇場に首席ファゴット奏者として入団。2002 年にはヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団、2004 年にはベルリン放送交響楽団の首席ファゴット奏者に就任しました。2007年から2013年までミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の首席ファゴット奏者を務めた後、現在はハノーファー音楽演劇大学で後進の育成にも力を入れています。
(キングインターナショナル)

【曲目】
フランツ・シューベルト(1797-1828):
連作歌曲集『冬の旅』 Op.89 D.911(1827)[オーボエ、ファゴット、ピアノ版]

第1部 [おやすみ/風見の旗/凍った涙/かじかみ/菩提樹/あふれる涙/川の上で/回想/鬼火/憩い/春の夢/孤独]

第2部 [郵便馬車/霜おく頭/からす/最後の希望/村で/あらしの朝/まぼろし/道しるべ/宿屋/勇気/幻の太陽/辻音楽師]

【演奏】
トリオ・ボガーニ
[メンバー]
クララ・デント=ボガーニ(オーボエ)
ベンチェ・ボガーニ(ファゴット)
ゲルゲイ・ボガーニ(ピアノ)

【録音】
2021年1月31日-2月2日[セッション録音]
ボガーニ・ピアノ・スタジオ、ソブ(ハンガリー)