こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

コチシュ&ハンガリー国立フィル~マーラー:交響曲第1番 ニ長調《巨人》(花の章付き)ライヴ!

カテゴリ : ニューリリース | タグ : GUSTAV MAHLER

掲載: 2021年07月22日 12:00

コチシュ

マーラーの交響曲第1番は、1889年11月20日にブダペストのヴィガドー・コンサートホールで、当時29歳であった作曲家自身の指揮、ブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団の演奏により初演されました。この作品はもともと5楽章で構成されていましたが、マーラーはその後、何度も大幅な修正と変更を加え、最終的に4楽章の形となりました。世界的に知られるようになったのは、1896年にベルリンで演奏された4楽章のバージョンからです。初演時の楽譜は失われていますが、その後の5楽章版(「花の章」が第2楽章に置かれている版)が現存しており、コチシュはこのバージョンを採用しています。マーラーゆかりの地で繰り広げられた、コチシュらしい精緻かつ雄弁な演奏です。
(東京エムプラス)

【曲目】
マーラー:交響曲第1番 ニ長調《巨人》(花の章付き)

【演奏】
ゾルターン・コチシュ(指揮)
ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団

【録音
2004年2月&3月
フェレンツ・リスト音楽院コンサート・ホール
(ハンガリー、ブダペスト)