こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Pink Floyd(ピンク・フロイド)|1987年発表『鬱(A Momentary Lapse of Reason)』がリミックス&アップデイトされ新たに生まれ変わる|国内盤オンライン限定予約ポイント10%還元

TOWER RECORDS ONLINE限定!
2021年10月28日 23:59まで国内盤ポイント10%還元!

Pink Floyd(ピンク・フロイド)

『原子心母(箱根アフロディーテ50周年記念盤)』が話題を呼んでいるピンク・フロイドが、早くも新たな作品『鬱(リミックス&アップデイト)』を10月29日にリリースすることを発表した。1987年発売『鬱』(A Momentary Lapse Of Reason)をデヴィッド・ギルモアとアンディ・ジャクソンがオリジナル・マスター・テープからリミックス、ニュー・ヴァージョンとして全く新たに生まれ変わる(The Later Years Boxからの分売)。

さらに、セッション・ミュージシャンが参加していた一部の曲で、リチャード・ライトのオリジナルのキーボード・テイクや新たに発見された音源を使用し再編集、ニック・メイスンも新たにドラム・トラックを追加録音した「アップデイト・ヴァージョン」となっている。ドラムとキーボードのパートがオリジナル・メンバーの音源で初めて再現され、デヴィッド・ギルモア、ニック・メイソン、リチャード・ライトの3人のピンク・フロイドのメンバーによって創造された、最も望んでいた姿でのリリースとなる。「リミックス&アップデイト盤」は、ドラムスやキーボードがより浮き出たサウンドで、87年のオリジナル盤とは一線を画すものとなっており、オリジナルに感じられた80年代特有のエレクトリックなサウンドは一掃、これぞピンク・フロイドという奥行きのある空間が広がっている。 

『鬱』は前作『ファイナル・カット』以来4年振り、ピンク・フロイド通算13枚目のオリジナル・アルバムで、ロジャー・ウォーターズ脱退後にリリースされたデヴィッド・ギルモアを中心とした“新生ピンク・フロイド”としての初の作品。デヴィッド・ギルモアのクリエイティヴィティを前面に打ち出した親しみやすいメロディが全体を包み込み、それまでのピンク・フロイド作品とは異なったサウンド・スケープを出現させている。『鬱』のチャート・アクションは全米3位・全英3位。その後のワールドツアーも大成功を収め、1988年3月には最後の来日公演を行ない、光と音の大スペクタクル・ショーは観るもの全ての度肝を抜いた。ヒプノシスのストーム・トーガソンがアートワークを担当し、フロント・カヴァーはイギリスのデボンシャー、ソーントン・サンズにある海岸に500台以上のベッドを実際に並べて撮影されたもの。本作にはその別ヴァージョンが使用されている。

国内盤CD

解説歌詞対訳付/ソフトパック/28P・オリジナル・ブックレット+日本版ブックレット


国内盤LP


輸入盤CD+Blu-ray Disc


輸入盤CD+DVD


輸入盤CD


輸入盤LP


■収録曲
1 生命の動向
2 幻の翼
3 戦争の犬たち
4 理性喪失
5 現実との差異
6 空虚なスクリーン
7 輪転
8 ニュー・マシーン(Part 1)
9 末梢神経の凍結
10 ニュー・マシーン(Part 2)
11 時のない世界

ピンク・フロイド|歴史的発掘!奇跡の日本独自企画!幻の初来日公演『箱根アフロディーテ』が映像付きで今鮮やかに甦る!>>>>

ピンク・フロイド|貴重音源シリーズ〈Alive The Live〉から70年代のライヴ音源3作品が登場 >>>>

ピンク・フロイド|1990年伝説のネブワース・コンサートを完全収録したライヴ作品>>>>