こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ポーランドのピアニスト、アダム・コシミェヤによるグルダとベートーヴェンのピアノ作品集!『トリビュート・トゥ・グルダ』

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2021年09月03日 15:30


[Warner Music Poland Classics 公式チャンネルより]

才能のある若きポーランドのピアニスト、アダム・コシミェヤによる魅力的な新しいプロジェクト「トリビュート・トゥ・グルダ」。

伝説的なオーストリアのピアニストで作曲家のフリードリヒ・グルダの作品と、ベートーヴェン最後のピアノ・ソナタを収録することによって、ジャズの即興演奏と古典的な妙技の要素を備えた作品の「心に残る美しいもの」として、クラシック音楽リスナーからカジュアルな音楽リスナーまで、幅広い聴衆にアピールしています。

『グルダの作品のエネルギーが大好きです!彼の音楽で創造的な個性をすぐに聞くことができます。ドライビングスイングと広大なハーモニーの世界は、特に即興のセクションで、演奏者に喜びと挑戦の両方をもたらします。フリードリヒ・グルダは20世紀で最も偉大なピアニストの一人として誰もが知っていますが、彼が作曲したことを誰もが知っているわけではありません。ベートーヴェンのソナタ第32番ソナタの第2楽章では、ラグタイムやジャズとの類似点を備えたまったく驚くべきシンコペーションによる作品です。グルダの音楽を組み合わせると、ジャズのハーモニーと揺れるリズムにもかかわらず、グルダ自身の作曲と彼がそのような優れたスキルと深い理解をもって演奏したクラシックの傑作との間に深いつながりがあることがわかります。これらの素晴らしい作品を聴衆と共有し、クラシック音楽とジャズ音楽の架け橋がここで最高の味でどのように作られているかを、ぜひ多くのリスナーに聴いてほしいと思ったのです。グルダのすべては私にとって火のようなものです...私は彼の音楽に情熱、感情、喜び、そしてエネルギーを感じます。大好きです!』と、演奏者アダム・コシミェヤは語っています。

フリードリヒ・グルダの息子であるポール・グルダも次のように語っています。『アダム・コシミェヤが、この録音で、要求の厳しいピアノ作品を見事に演奏したことはとても感動的です。ポーランドおよび国際的な現代クラシック音楽演奏での彼の経験は、前衛的な電子実験に至るまで、彼のアプローチに明確で異なる展望を与えています。それでも、父の名作「プレリュードとフーガ」でのドライビングスイングは見逃せないものであり、これが実際の始点であり、新しい章といえましょう』
(ワーナーミュージック)

『トリビュート・トゥ・グルダ』
【曲目】
フリードリヒ・グルダ:
プレリュードとフーガ
アリア
ソナチネ
ヴァリエーション
ディプレッション

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第32番ハ短調Op.111

【演奏】
アダム・コシミェヤ(ピアノ)

【録音】
2020年12月8-10日、ポーランド、Krzysztof Penderecki European Centre for Music in Lusławice