こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

バッハの協奏曲を再構築!クリスチャン・スヴァルヴァール~『インフィニット・バッハ ~バッハ・リコンポーズド・バイ・ユーハン・ウッレン』

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2021年09月14日 00:00


[参考音源:Christian Svarfvar 公式チャンネルより]
(アルバムの音源とは異なります)

多くの音楽家に影響を与え続けているバッハの音楽を再作曲!ソリストとオーケストラによる計算され尽くされたサウンドが、新たな発見と魅力を引き出しています!

スウェーデンの現代作曲家、ユーハン・ウッレンがJ.S.バッハの協奏曲を再作曲!後のすべてのクラシック作曲家、さらにはジャズ、ロック、ポップスのミュージシャンにいたるまで、何世紀にもわたり多くの音楽家に影響を与え続けているバッハの音楽。
リコンポーズ(recompose 再作曲、再構築)によって、すでに完璧な作品からも新たな発見と魅力が引き出せることは、ドイツ・グラモフォンからリリースされたマックス・リヒターの『Recomposed by Max Richter: Vivaldi's Four Seasons』(邦題:25%のヴィヴァルディ Recomposed By マックス・リヒター)の大ヒットでも証明済みです。

演奏はスウェーデンを代表するヴァイオリニスト、クリスチャン・スヴァルヴァールのソロと、作曲者自身が率いるロンドン・フィル。高音域で舞う大胆かつ挑戦的なソロと、オーケストラの充実した低弦とのコントラストが印象的なサウンドを作り出し、クラシックとニューエイジ、どちらのファンにも訴えかける作品に仕上がっています。
(東京エムプラス)

【曲目】
インフィニット・バッハ ~バッハ・リコンポーズド・バイ・ユーハン・ウッレン
原曲=J.S.バッハ:
ヴァイオリン協奏曲第2番 ホ長調 BWV.1042
ヴァイオリン協奏曲第1番 イ短調 BWV.1041
チェンバロ協奏曲 ニ短調 BWV.1052
チェンバロ協奏曲 ト短調 BWV.1056

【演奏】
クリスチャン・スヴァルヴァール(ヴァイオリン)
ユーハン・ウッレン(指揮)
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団