こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

The Courettes(ザ・クーレッツ)|60's ガール・グループ、ガレージ・ロックへのオマージュ溢れる、キュートでキッチュ、ちょっとワイルドなロックンロール・ユニット待望の日本デビュー

タグ : UK/US INDIE アナログレコード

掲載: 2022年01月26日 16:20

The Courettes(ザ・クーレッツ)

Look Out! Look Out! Look Out! Look Out! 60’s ガール・グループ、ガレージ・ロックへのオマージュ溢れる、キュートでキッチュ、ちょっとワイルドなロックンロール・ユニット、ザ・コーレッツが待望の日本デビュー!

ザ・ロネッツ『プレゼンティング・ザ・ファビュラス・ロネッツ・フィーチャリング・ヴェロニカ』を彷彿させるジャケット・デザイン、“バック・トゥ・モノ”ならぬ“バック・イン・モノ”というタイトル、フィル・スペクターの魔法が甦ったかのようなウォール・オブ・サウンド、ガレージ/サーフなロックンロール、レトロでポップ、オールディーズ&グッディーズ……。魅惑的なキーワードが次々に浮かんでくるザ・クーレッツは、ヴォーカル、ギター、ピアノを担当するブラジル人のライオット・ガール、フラヴィアとドラム、パーカッションを演奏するデンマーク人のマーティンというクーリ夫妻によるベースレスのユニット。そこにプロデューサーでもあるセーレン・クリステンセンのキーボードが加わり、キラキラしてヴィンテージなポップン・ロールの世界へと誘う。

衝撃のデビュー作『ヒア・アー・ザ・クーレッツ』、2作目『ウィー・アー・ザ・クーレッツ』をリリースし、デンマークはもちろんドイツやイギリスでも話題沸騰となる中、各国でヘヴィ・ローテーションとなった「ウォント・ユー! ライク・ア・シガレット」、電撃のエレキ・ナンバー「ホップ・ザ・トウィッグ」、かのリンゴ・スターに捧げた「R.I.N.G.O.」などをフィーチャーした超強力盤サード・アルバム『バック・イン・モノ』でついに日本デビュー。当然の“モノ・ミックス”は、日本が誇るポップ・マエストロ、マイクロスターの佐藤清喜が手がけている。甘く切なく、ホットでクールな“60’sサウンド”が、21世紀に堂々の復活!

国内盤CD

帯・解説付/ボーナストラック2曲収録
解説:萩原健太


輸入盤CD


輸入盤LP


■収録曲
01. Want You! Like a Cigarette
02. I Can Hardly Wait
03. Hey Boy
04. Night Time (The Boy of Mine)
05. R.I.N.G.O.
06. Until You´re Mine
07. Trash Can Honey
08. Hop The Twig
09. Misfits and Freaks
10. My One And Only Baby
11. Too Late To Say I´m Sorry
12. Edge Of My Nerves
13. Won´t Let You Go(BONUS TRACK)
14. Cry Cry Cry(BONUS TRACK)

最新のアナログレコード情報はこちら
レコードアクセサリー