こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

橋本環奈主演!映画『バイオレンスアクション』関連商品

タグ : コミック

掲載: 2022年06月15日 10:46

バイオレンスアクション

ゆるふわ専門学生の過激(ハード)な日常、今日もバイトで殺し屋(ヒットガール)♡ 累計発行部数50万部超え、オンラインアクセス数1,000万PV超え!小学館「やわらかスピリッツ」で連載中の浅井蓮次と沢田新による超人気コミック「バイオレンスアクション」が待望の実写映画化!!

ピンクのショートボブでゆるふわな雰囲気の女の子・菊野ケイが日商簿記検定2級取得を目指し専門学校に通いながら、アルバイトをする日常を描く。ただし、そのバイト先は指名制の殺し屋で、ケイはナンバーワン指名の実力を持つ超凄腕の殺し屋(ヒットガール)だったのだ!!どんな相手にも臆せずバイトとしてターゲット撃破を完遂し、バイトが終われば「おつかれさまー」と颯爽と現場を後にする。そんなゆるふわ最強ヒットガール・菊野ケイに史上最悪の依頼が舞い込んでくるー。

[Alexandros]の「クラッシュ」が主題歌に決定し、クールでエモーショナルなロックナンバーにも注目が集まる『バイオレンスアクション』。

5匹組ロックバンドMAN WITH A MISSIONが手掛ける「Tonight, Tonight」は、まさにマンウィズらしい疾走感溢れるナンバー。最初から最後までテンションMAXになること間違いなしのアクションシーンにぴったりな楽曲に仕上がっている。また、昨年デビューした音楽ユニットNOMELON NOLEMONの「タッチ」は、スリリングでアダルトな曲調の中に、主人公ケイのキュートさも彷彿とさせるフレッシュな一曲だ。アップテンポな楽曲が並ぶ中、韓国で俳優としても活躍する歌手キム・ヒョンジュンによる「Song for a dreamer」はエモさ抜群!さらに、唯一無二の音楽ジャンルを確立するバンドFear, and Loathing in Las Vegasからは激しいアクションシーンを連想させる一曲「Tear Down」が到着するなど、バラエティ豊かな楽曲が勢揃いした。

関連音楽作品



原作コミック



コミックセット販売