こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

輸入盤情報も解禁!バティアシュヴィリ『シークレット・ラヴ・レター』~シマノフスキ、フランク、ショーソン、ドビュッシー

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2022年06月29日 00:00

バティアシュヴィリ

国内盤はMQA-CD×UHQCD、グリーン・カラー・レーベルコート仕様
秘めた情熱を神秘に奏でるヴァイオリン。
後期ロマン派文学にインスパイアされた作品の耽美と官能の世界。

1979年グルジア生まれのトップ・ヴァイオリニスト、リサ・バティアシュヴィリのDG第7作。
20世紀前半のポーランド音楽界の中心人物、シマノフスキが第一次世界大戦中にウクライナで作曲したヴァイオリン協奏曲第1番は、濃厚な官能性とオリエンタリズムが特徴の彼の代表作のひとつで、象徴主義詩人タドイ・ミチンスキーの詩『5月の夜』にインスパイアされ作曲された。一方、ショーソンが1896年に書いた幻想的な《詩曲》は、ツルゲーネフの小説『愛の勝利の歌』に基づく交響詩として着想されたが、標題は取り去られ初演したイザイに捧げられた人気曲。共演は、シマノフスキのヴァイオリン協奏曲第1番を1924年にアメリカ初演したフィラデルフィア管弦楽団と、その音楽監督ヤニック・ネゼ=セガン。
シマノフスキとショーソンの隠された情熱を縁取るのは、フランクとドビュッシーの作品。フランクの名曲、ヴァイオリン・ソナタは、ヴァイオリニスト・作曲家のウジェーヌ・イザイの結婚祝いとして作曲・献呈された大曲。共演ピアニストはリサ・バティアシュヴィリが設立したジョージア在住の若いアーティストを支援する非営利団体から奨学金を受けているギオルギ・ギガシヴィリ。ドビュッシーの〈美しき夕暮れ〉は、ポール・ブルジェの詩に若きドビュッシーが作曲した初期の歌曲の編曲作品。
(ユニバーサルミュージック)

【曲目】
セザール・フランク(1822-1890): ヴァイオリン・ソナタ イ長調 *
カロル・シマノフスキ (1882-1937): ヴァイオリン協奏曲 第1番 作品35 **
エルネスト・ショーソン (1855 - 1899): 詩曲 作品25 **
クロード・ドビュッシー: 美しき夕暮れ (編曲:J.ハイフェッツ) ***

【演奏】
リサ・バティアシュヴィリ(ヴァイオリン)
ギオルギ・ギガシヴィリ(ピアノ*)
フィラデルフィア管弦楽団**
ヤニック・ネゼ=セガン(指揮**&ピアノ***)

【録音】
2022年4月 ベルリン(*)
2022年1月 フィラデルフィア(** & ***)