こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

ジャマイカのレゲエ・アーティスト U-Royが逝去。享年78歳。「トースティング」技法の先駆者として知られる

カテゴリ : タワーレコード オンライン ニュース

掲載: 2021年02月19日 17:34

ジャマイカのレゲエ・アーティスト U-Royが亡くなったことがわかった。享年78歳。U-Royは以前から体調を崩しており、故郷のジャマイカで亡くなったとされている。

 

 

U-Royはジャマイカ出身。1960年代からDJとして活動を開始し、レゲエにおける「トースティング」という技法を完成させた先駆者のひとりとして知られている。

「トースティング」とは、リズムやビートに乗せて会話やリズミカルなスピーチを行う手法で、のちのアメリカのヒップホップに大きな影響を与えたと言われている。U-RoyはTOOTS & THE MAYTALSのグラミー賞受賞アルバムにも貢献し、ジャマイカの音楽シーンに影響を与えたとしてジャマイカ政府から勲章を授与された。

SNSでは、訃報に際して多くのコメントが寄せられている。

 

 

 

 

 

 

 

心よりご冥福をお祈りいたします。