こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

沢田研二&菅田将暉W主演映画『キネマの神様』、公開日が8月6日に決定。VFX監修に山崎貴参加、追加キャストに片桐はいり、原田泰造も。本ヴィジュアル&特別映像解禁

カテゴリ : タワーレコード オンライン ニュース | タグ : 映画

掲載: 2021年03月17日 16:00

キネマの神様
(C)2021「キネマの神様」製作委員会

松竹映画100周年を記念した作品で、原田マハの同名小説を原作とした映画『キネマの神様』。故 志村けんの遺志を継ぐ沢田研二と、菅田将暉がW主演を務め、さらに宮本信子や永野芽郁など記念すべき作品に相応しい豪華キャスト陣が紡ぐ物語に注目が集まっている。

このたび、本作の新たな公開日が製作委員会と松竹で協議の末、8月6日に決定。併せて、本ヴィジュアルと、現在と過去の主人公 ゴウが繋がる重要な本編シーンとメイキング・シーンを収めた特別映像が到着、さらに、追加キャストとして、片桐はいりと原田泰造の出演が決定した。

今回、公開となったヴィジュアルには主人公 ゴウと彼の人生に欠かすことのできないメイン・キャラクターたちの柔らかな表情が映し出されている。

「あの人を愛したから、その神様に出会えました。」というコピーと共に、1本のフィルムが過去と現在のゴウを繋ぐ、まさに「映画の神様」によって奇跡がもたらされるようなヴィジュアルに仕上がっている。

そして、本作のVFX監修を山崎貴監督が担当していることが明らかに。併せて公開となった特別映像には現在と過去のゴウを繋ぐ重要な本編シーンと、その演出について熱心に話し合う山田洋次監督と山崎監督のカメラ・テストの様子が映し出されている。

山崎監督が本作で手掛けたのは、沢田演じる現在のゴウが過去に思いを馳せながら映画を観ていると、主演を務める昭和の銀幕スター 桂園子(北川景子)の瞳がクローズアップされ、菅田演じる若き日のゴウが働く撮影現場の様子が浮かび上がっていくシーン。山田監督の思い描く現在のゴウと若き日のゴウを繋ぐ大切なシーンが、山崎監督によって、エモーショナルな映像として具現化された。

映画『キネマの神様』【山崎貴監督VFX監修:特別映像】8月6日(金)全国公開

また、今回発表された追加キャストの片桐はいりは、ゴウのかつての撮影所仲間 テラシン(小林稔侍)が営む映画館「テアトル銀幕」の常連の女性客を演じ、原田泰造は、ゴウのギャンブル依存に悩まされる妻 淑子(宮本)と娘 歩(寺島しのぶ)が訪れる相談会の主催者を演じる。共に山田組初参加となる片桐と原田の演技にも注目だ。

キネマの神様

キネマの神様

(C)2021「キネマの神様」製作委員会

 

▼映画情報
『キネマの神様』
8月6日(金)全国ロードショー
監督:山田洋次
脚本:山田洋次 / 朝原雄三
原作:原田マハ「キネマの神様」(文春文庫刊)
出演:沢田研二 菅田将暉 永野芽郁 野田洋次郎 / 北川景子 寺島しのぶ 小林稔侍 宮本信子
配給:松竹
(C)2021「キネマの神様」製作委員会
https://movies.shochiku.co.jp/kinema-kamisama/

オススメ情報

オンライン限定 新規メンバーズ登録でもれなく!!500円オフクーポンプレゼント