こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

Bill Evans(ビル・エヴァンス)、1975年のバンクーバーでの完全未発表ライヴ音源『On A Friday Evening』6月18日に日本先行リリース。“Up With The Lark”先行公開

カテゴリ : タワーレコード オンライン ニュース

掲載: 2021年04月14日 15:40

Bill Evans

没後40年、今なお愛され続けるジャズ・ピアニスト、Bill Evans。晩年を代表する名盤『I Will Say Goodbye』、『You Must Believe In Spring』と同じ、Eddie Gomez(Ba)、Eliot Zigmund(Dr)とのトリオによる、バンクーバーで1977年まで営業していた伝説のクラブ「オイル・キャン・ハリーズ」での1975年6月20日のライヴ音源が、45年の時を経て「On A Friday Evening」と題し、6月18日に日本先行発売されることが決定した。併せて、“Up With The Lark”の先行配信がスタートし、ヴィジュアライザーも公開となった。

Bill EvansTrio - Up with the Lark Live at Oil Can Harry's, Vancouver, BC, 1975 (Official Visualizer)

『On A Friday Evening』は、当時カナダのCHQMでラジオ番組のホストをしていたゲイリー・バークレイのために録音され、彼の人気ジャズ番組CHQMで放送されたもの。このテープは半世紀近くもの間、忘れ去られていたが、バークレイが自宅に持ち帰ったオイル・キャン・ハリーズでのEvansの演奏を録音したテープが、バークレイの後所有者が2回代わった末にこのたび発掘され、ようやく日の目を浴びることとなった。ライヴ収録の先駆者的存在のエンジニア、レイス・ハメルによる、驚くほど高音質で存在感のある音源、Plangent Processes社による音声修復とグラミー受賞経験もあるポール・ブレイクモアによる緻密なマスタリングにより、45年以上経った今なお新鮮に聴こえるものとなった。

9曲入りのこのアルバムには、グラミー賞受賞歴もあるアメリカのジャーナリスト、ラジオDJ、音楽評論家、作家のニール・テッサーによるオリジナルのライナーノーツが掲載(日本盤には日本語訳も掲載)されており、トリオのメンバーであるEddie GomezとEliot Zigmundへの新たなインタビューや、オリジナル曲やスタンダード曲を含むライヴのプログラムをトラックごとに詳細に説明している。

また、本作品では、数ヶ月前にZigmundが加入したことで、Evansと彼のバンド・メンバーがトリオの新しい編成に慣れていく様子を聴くことができる貴重な機会でもある。その理由の多くは、「コンサート・ホールから離れた親密なクラブという環境で、Zigmundがその時代の最も重要なピアノ・トリオの系譜の中に自分の居場所を見つけているのを聴くことができるからである」とテッサーは説明する。

 

そして、本作とほぼ同時にBill Evans史上初のレーベルを超えキャリアを網羅した5枚組CDボックス『Everybody Still Digs Bill Evans: A Career Retrospective (1956–1980)』が6月25日にリリースされる。(輸入盤+デジタル)

Bill Evans - Everybody Still Digs Bill Evans (Trailer)

『Everybody Still Digs Bill Evans: A Career Retrospective (1956-1980)』は、リヴァーサイド、マイルストーン、ファンタジー、ヴァーヴ、ワーナー・ブラザーズ、エレクトラ/ミュージシャンのカタログを網羅し、Tony Bennett、Cannonball Adderley、Kenny Burrell、Stan Getz、Zoot Sims、Eddie Gomez、Shelly Manne、Lee Konitzといった錚々たるメンバーが参加したEvansのリーダーおよびコ・リーダーとしての優れた名録音全61トラックを収録。また、同じくニール・テッサーが、Evansの人生とキャリアについて、様々な人物への最新のインタビューやアーカイヴをもとに解説し、ボックス・セットの楽曲についても深く考察してたライナーノーツを掲載、貴重な写真なども入った全48ページのブックレットが付いている。

 

▼リリース情報
Bill Evans
『On A Friday Evening』
6月18日(金)日本先行リリース
※輸入盤:6月25日(金)リリース


[収録曲]
01. Sareen Jurer
02. Sugar Plum
03. The Two Lonely People
04. T.T.T. (Twelve Tone Tune)
05. Quiet Now
06. Up With The Lark
07. How Deep Is The Ocean
08. Blue Serge
09. Nardis


ボックス・セット
『Everybody Still Digs Bill Evans: A Career Retrospective (1956-1980)』
6月25日(金)リリース


オススメ情報

オンライン限定 新規メンバーズ登録でもれなく!!500円オフクーポンプレゼント