こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

「竜とそばかすの姫」コラボグッズを7月16日(金)から発売

TOP

タワーレコードは、細田守監督最新作「竜とそばかすの姫」の公開を記念して、映画の「NO MUSIC, NO LIFE.」な世界観をイメージしたコラボグッズを7月16日(金)よりタワーレコード19店舗とタワーレコード オンラインにて限定発売していく。

竜とそばかすの姫 × TOWER RECORDSコラボグッズ特設ページ
https://tower.jp/2021chizu


このたびタワーレコードがスタジオ地図とコラボレーションして制作したグッズは全部で17アイテム。7月16日(金)劇場公開予定の最新作「竜とそばかすの姫」には欠かせない“音楽”というテーマに、タワーレコードのコーポレートボイス「NO MUSIC, NO LIFE.」の心緒を重ね合わせた特別なデザインとなっている。また、4月に設立10周年をむかえたスタジオ地図とのコラボラインナップでは、細田守監督作品の歴代キャラクターも登場。ファンなら必ず手に入れたくなる商品が揃っている。

コラボグッズ販売概要
■予約受付開始日時:7月9日(金)10時より ※予約受付はオンラインのみ
■発売日:7月16日(金)/ 一部商品は8月2日(月)※各店舗の開店時刻より販売開始
■取扱店舗:渋谷店/新宿店/札幌ピヴォ店/仙台パルコ店/池袋店/秋葉原店/ららぽーと立川立飛店/横浜ビブレ店/イオンレイクタウン店/ららぽーとTOKYOBAY店/名古屋近鉄パッセ店/梅田NU茶屋町店/あべのHoop店/京都店/神戸店/イオンモール倉敷店/広島店/高松丸亀町店/福岡パルコ店/タワーレコード オンライン

■商品ラインナップ ※価格はすべて税込み。
【全19店舗 & オンライン 取扱商品】※画像は左上から右下へ。
グッズ1
[7月16日(金)発売]
・竜とそばかすの姫 × TOWER RECORDS トレーディング缶バッジ(全20種):各440円
・スタジオ地図10th × TOWER RECORDS トレーディングアクリルスタンド(全5種):各750円
・竜とそばかすの姫 × TOWER RECORDS アクリルスタンド(名場面):750円
・竜とそばかすの姫 × TOWER RECORDS アクリルスタンド(ベル):750円
・竜とそばかすの姫 × TOWER RECORDS クリアファイル(ベル):440円
・竜とそばかすの姫 × TOWER RECORDS クリアファイル(すず):440円
・竜とそばかすの姫 × TOWER RECORDS ステッカー(2枚セット)A5サイズ:880円
・竜とそばかすの姫 × TOWER RECORDS タオル(ベル):2,000円
・竜とそばかすの姫 × TOWER RECORDS タオル(くじら):2,000円
・竜とそばかすの姫 × TOWER RECORDS アクリルミラー:800円
・竜とそばかすの姫 × TOWER RECORDS トートバッグ(くじら):2,200円
・竜とそばかすの姫 × TOWER RECORDS トートバッグ(竜):2,200円
[8月2日(月)発売]
・竜とそばかすの姫 × TOWER RECORDS TシャツBELLE(M/L/XL):3,850円
・竜とそばかすの姫 × TOWER RECORDS TシャツMUSIC(M/L/XL):3,850円
・竜とそばかすの姫 × TOWER RECORDS ワイヤレス充電器:2,600円

【オンライン限定商品】※画像左から右へ。
グッズ2
[7月16日(金)発売]
・スタジオ地図10th × TOWER RECORDS トレーディング缶バッジ(全20種):各440円
・スタジオ地図10th × TOWER RECORDS 缶バッジ(20種セット):8,800円
・竜とそばかすの姫 × TOWER RECORDS 缶バッジ(10種セットA):4,400円
・竜とそばかすの姫 × TOWER RECORDS 缶バッジ(10種セットB):4,400円
・竜とそばかすの姫 × TOWER RECORDS ファブリックパネル:4,400円

※トレーディング商品は、ブラインド仕様のため絵柄はお選びいただけません。※トレーディング商品(単品)は、お1人様あたりの購入上限が缶バッジは20点、アクリルスタンドは5点までです。

「竜とそばかすの姫」作品詳細
「竜とそばかすの姫」
『時をかける少女』(2006)、『サマーウォーズ』(2009)、『おおかみこどもの雨と雪』(2012)、『バケモノの子』(2015)、そして、『未来のミライ』(2018)。過去作すべてが日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞し、『未来のミライ』ではアニー賞受賞に、ゴールデン・グローブ賞ノミネート、そして米国アカデミー賞長編アニメーション部門にノミネートするなど、日本のみならず世界中の観客を魅了し続けてきたアニメーション映画監督・細田守。細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』では、かつて『サマーウォーズ』で描いたインターネット世界を舞台に、『時をかける少女』以来となる10代の女子高校生をヒロインに迎えました。そこで紡ぎ出すのは、母親の死により心に大きな傷を抱えた主人公が、”もうひとつの現実”と呼ばれる50億人が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>で大切な存在を見つけ、悩み葛藤しながらも懸命に未来へ歩いていこうとする勇気と希望の物語です。主人公すず/ベル役の二役を演じ、さらに作品の要とも言える「歌」を担う大役に抜擢されたのは、注目のミュージシャン中村佳穂。その同級生役に成田凌、染谷将太、玉城ティナ、幾田りら、すずを見守る合唱隊メンバーに森山良子、清水ミチコ、岩崎良美、中尾幸世、坂本冬美、父親役に役所広司と日本を代表する重厚で多彩なキャスト陣が揃い、音楽面でも、岩崎太整、Ludvig Forssell、坂東祐大と才気溢れる複数の音楽家が集結。壮大な物語の幕開けを感じさせるメインテーマには、熱狂的な支持を集めるロックバンド・King Gnuの常田大希が率いる最強クリエイター集団・millennium paradeが担当するなど、これまでにない試みでの挑戦的な音楽創作が作品世界を彩っています。ハリウッドやヨーロッパのトップクリエイターも参加し、「現実世界×仮想世界」双方の作品を創り上げるために、日本×世界の才能が集結、誰も見たことのない革命的なマスターピースを紡ぎ出します!また、本作は7月16日の日本国内の劇場公開に先立ち、7月6日よりフランスにて開幕される第74回カンヌ国際映画祭にて、スタジオ地図有限責任事業組合(LLP)・日本テレビ放送網 共同幹事、東宝株式会社配給、そして細田作品の制作拠点であるスタジオ地図が企画・制作を手がけた細田守 監督最新作『竜とそばかすの姫』が、今年、全世界より2000作品以上の応募があったオフィシャル・セレクションに新設された「カンヌ・プルミエール部門」に選出されることも決定しました。

■ストーリー
自然豊かな高知の田舎町に住む17歳の女子高校生・すずは、幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずは、その死をきっかけに歌うことができなくなっていた。曲を作ることだけが生きる糧となっていたある日、親友に誘われ、全世界で50億人以上が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>に参加することに。<U>では、「As(アズ)」と呼ばれる自分の分身を作り、まったく別の人生を生きることができる。歌えないはずのすずだったが、「ベル」と名付けたAsとしては自然と歌うことができた。ベルの歌は瞬く間に話題となり、歌姫として世界中の人気者になっていく。数億のAsが集うベルの大規模コンサートの日。突如、轟音とともにベルの前に現れたのは、「竜」と呼ばれる謎の存在だった。乱暴で傲慢な竜によりコンサートは無茶苦茶に。そんな竜が抱える大きな傷の秘密を知りたいと近づくベル。一方、竜もまた、ベルの優しい歌声に少しずつ心を開いていく。やがて世界中で巻き起こる、竜の正体探し(アンベイル)。<U>の秩序を乱すものとして、正義を名乗るAsたちは竜を執拗に追いかけ始める。<U>と現実世界の双方で誹謗中傷があふれ、竜を二つの世界から排除しようという動きが加速する中、ベルは竜を探し出しその心を救いたいと願うが――。現実世界の片隅に生きるすずの声は、たった一人の「誰か」に届くのか。二つの世界がひとつになる時、奇跡が生まれる。もうひとつの現実。もうひとりの自分。もう、ひとりじゃない。

■企画・制作 スタジオ地図
■製作幹事 スタジオ地図有限責任事業組合(LLP)・日本テレビ放送網 共同幹事
■映画公式ホームページ ryu-to-sobakasu-no-hime.jp
■映画公式 Twitter @studio_chizu
■映画公式 Instagram @studio_chizu
■映画公式 Facebook @studiochizu

©2021 スタジオ地図

  • 東京リベンジャーズ関連商品
  • TOWER DOORS
  • Mikiki - music review site