こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

PINK FLOYD(ピンク・フロイド)、ウクライナ支援のため新曲“Hey Hey Rise Up”緊急配信リリース。MV公開も

カテゴリ : タワーレコード オンライン ニュース

掲載: 2022年04月09日 12:00

PINK FLOYD

PINK FLOYDが、ウクライナの人々を支援するための新曲“Hey Hey Rise Up”を緊急配信リリース。ミュージック・ビデオも公開された。

Pink Floyd - Hey Hey Rise Up (feat. Andriy Khlyvnyuk of Boombox)

この曲は、1994年の『The Division Bell』以来、28年ぶりにバンドとして新たにレコーディングを共にしたオリジナル音源。David GilmourとNick Masonに、PINK FLOYDのベーシストを長く務めたGuy Pratt、キーボードにはNitin Sawhneyが加わり、ウクライナのバンド BOOMBOXのAndriy Khlyvnyukの類まれなヴォーカル・パフォーマンスがフィーチャーされている。収益はウクライナ人道支援募金へ寄付される。

3月30日に録音されたこの曲は、AndriyのInstagramの投稿から、キーウのソフィア広場で歌う彼の声を使用。彼の歌う“ああ、草原の赤きガマズミよ”(邦題)は第1次世界大戦中に書かれた、人々の心を鼓舞するウクライナのフォーク・プロテスト・ソングであり、同国が侵攻されてからのこの1ヶ月間、世界各地で歌われてきた。PINK FLOYDの曲のタイトルは、同曲の歌詞の最後に登場する「さあ、立ち上がろう、勝利の喜びを(HEY HEY RISE UP and rejoice)」を意味する一節からきている。

ウクライナ人の義理の娘と孫を持つDavid Gilmourはこう語る。「世界の超大国のひとつが平和な民主主義の独立国家を侵攻しその人民を殺しているという卑劣な行為に、僕たちもたくさんの人々と同じように憤りと苛立ちを感じてきた」

Andriyと彼のバンド、BOOMBOXを知ることになったきっかけについてこう説明している。「2015年に、メンバーが投獄されてしまったベラルーシ・フリー・シアター(注:ベラルーシの地下組織劇団)を支援するコンサートをロンドンのココで行ったんだ。PUSSY RIOTとウクライナのバンド、BOOMBOXも出演していた。彼らも自分たちのセットを演奏するはずだったけれど、シンガーのAndriyにビザの問題があって、残りのメンバーが僕のセットのバックを務めてくれたんだ。その晩はAndriyに“Wish You Were Here(あなたがここにいてほしい)”を捧げた。最近、AndriyがBOOMBOXのアメリカ・ツアーを離れてウクライナに帰国して、領土防衛隊に参加したという記事を読んだ。そのあとInstagramで素晴らしい動画を観たんだ。彼がキーウの、美しい金色のドーム屋根のある教会のある広場に立っている。そして、戦争のせいで交通や喧騒のまったくない静かな街の中で歌っているんだ。とても力強い瞬間だった。それを音楽にしたいと思ったんだ」

David Gilmourはこのトラックの曲を書いている間、キーウの病院のベッドで迎撃砲の榴散弾の負傷から快復中のAndriyと話すことができた。「電話越しに曲を少し聴かせたら喜んでくれた。将来どこかの時点で何か個人的に一緒にやれることを願っているよ」

David Gilmourはこの曲にこのような希望を持っている。「幅広く支持されて注目を集めることを願っている。人道的なチャリティのため資金を集め、士気を高めたい。僕たちはこのような形でウクライナへの支持を表明したいんだ。そして、そうすることによって、超大国がウクライナのような民主主義の独立国家を侵攻するのは間違っていると世界の大半の人々が思っているということを示したい」

“Hey Hey Rise Up”のミュージック・ビデオは著名な監督 マット・ホワイトクロスが、レコーディングと同日に撮影した。David Gilmourはこう語る。「音も映像も、ロックダウン中に家族一緒にライヴ・ストリーミングをやった場所でもある、自宅の納屋のスタジオで収録したんだ。2007年にRick Wrightと「Barn Jams」をやったのと同じ部屋でね。Janina Pedan(David Gilmourの息子 Charlie Gilmourの妻)が1日でセットを作ってくれて、僕たちが演奏している間はAndriyの歌う姿をスクリーンに映していた。つまり、物理的には一緒にいられなかったけど、僕たち4人はヴォーカリストと共にいたということさ」

この曲のアートワークにはキューバ人芸術家のヨサン・レオンによるウクライナの国花 ヒマワリの絵がフィーチャーされており、世界中で視聴された動画に登場する女性に直接言及している。彼女はロシア兵にヒマワリの種を手渡し、彼らが死んだときにヒマワリが育つようにポケットに入れて持ち歩きなさいと伝えた……。

この曲の歌詞の大意は以下の通り。

 

草原の赤いガマズミが頭を低くもたげている
栄光の祖国ウクライナの悩める姿のように
その赤いガマズミを私たちは引き受け 育てよう
そして私たちは 栄光の祖国ウクライナは 
さあ 立ち上がろう 勝利の喜びを
その赤いガマズミを私たちは引き受け 育てよう
そして私たちは 栄光の祖国ウクライナは 
さあ 立ち上がろう 勝利の喜びを

 

▼リリース情報
PINK FLOYD featuring Andriy Khlyvnyuk of BOOMBOX
配信シングル
“Hey Hey Rise Up”
PINK FLOYD
NOW ON SALE


PINK FLOYD
映像作品
『P・U・L・S・E RESTORED & RE-EDITED(邦題:「驚異(RESTORED & RE-EDITED)」)』
NOW ON SALE


オススメ情報

新規メンバーズ登録クーポン

TOWER RECORDS MUSIC

  • TOWER RECORDS MUSIC
  • オンライン限定全品ポイント15%還元キャンペーン
  • Mikiki - music review site