こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

世界初CD化多数!ブライロフスキー『プレイズ・ショパン~RCAショパン録音全集』(8枚組)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : ボックスセット(クラシック)

掲載: 2018年08月06日 00:00

ブライロフスキーのショパン

一世一代の名手ブライロフスキーによる貴族的なショパン。
世界初CD化多数含む全盛期のRCA全ショパン録音が登場。

ルービンシュタインと並んで20世紀を代表するショパン弾き、アレクサンダー・ブライロフスキー(1896-1976)がRCAに残した全ショパン録音初めてCD8枚に集大成したボックスセットです。ショパンはブライロフスキーがその生涯を通じて深くかかわりを持った作曲家でした。ブライロフスキーはショパンの169曲にのぼる全独奏曲を、チクルスとして全曲演奏した史上初のピアニストであり、その全曲演奏は、ショパンが晩年を過ごしたパリのみならず、ニューヨーク、ブリュッセル、チューチヒ、メキシコシティ、ブエノスアイレス、モンテビデオでも開催され、1920年代には彼のショパン弾きとしての名声を世界的なものにしたのでした。1938年のニューヨークでのショパン・チクルスでは、『こうした全曲演奏を成し遂げるために必要な並外れた記憶力、強靭な肉体的スタミナ、そして卓越した技術を兼ね備えたピアニストは何人もいるが、そうした要素に加えて優れた音楽性までを持ち合わせている者は数少ない。ブライロフスキーは間違いなくその数少ないピアニストの一人だ』と称賛を受けています。1942年から1958年にかけてRCAに遺されたブライロフスキーのショパン録音は、ピアノ協奏曲2曲(第1番はスタインバーグ指揮RCAビクター響、第2番はミュンシュ指揮ボストン響との共演)、1942年と50年の2種類のワルツ集(14曲)、練習曲全曲(1948年、初出LP時のカップリングであるシューマン「交響的練習曲」も今回含まれています)、「24の前奏曲」(1951年)、夜想曲集(19曲、1956-57年)、ピアノ・ソナタ第2番と第3番(1954年録音)、エコセーズと子守歌(1958年録音)が含まれています。また当ボックスには、1938年にロンドンで録音されたブライロフスキー最初期のショパン録音(ピアノ・ソナタ第3番の最初の録音ほか)も含まれています。なお、ブライロフスキーは1960年に生涯最後のショパン・チクルスをニューヨークとブリュッセルで行い、それを契機にコロンビアへのステレオによるショパン録音を開始、ワルツ集と「24の前奏曲」の再録音のほか、マズルカ集とポロネーズ集の録音も残すことになります。RCAへのモノラル盤、コロンビアへのステレオ録音いずれも、ブライロフスキーが1976年に亡くなってからもその代表盤として長らく聴き継がれてきました。サロン音楽の伝統を汲み、透明な音色と洒落た味わいや個性的な解釈によって聴衆に親密に語りかけるブライロフスキーの芸風は、特にショパンのミニアチュアともいえるワルツやマズルカぴったりで、その独特の世界はまさに過ぎ去った19世紀ロマンティシズムへのノスタルジアを喚起させる、貴族的な趣を持ち合わせており、今聴いても見事な輝きを放っています。今回はオリジナル・アナログ・マスターおよびディスクから24ビット・192kHzによるリマスターが行われています。
(ソニー・ミュージック)

【関連商品】

ブライロフスキーの米コロムビアへの『ショパン:ピアノ作品集』(1960~64年ステレオ録音)

ブライロフスキーのショパン

各ディスクの米RCA初出LPレコードのオリジナル・ジャケット

【曲目】
ショパン:
<CD1>
1-14. ワルツ第1-14番 [録音]1941年5-10月、ニューヨーク、ビクター第2スタジオ
15. 即興曲第1番 変イ長調Op.29 [録音]1941年5月8日、ニューヨーク、ビクター第2スタジオ
16. 夜想曲第5番 嬰ヘ長調Op.15-2 [録音]1945年4月20日、ニューヨーク、ビクター第2スタジオ
17. 即興曲第4番 嬰ハ短調『幻想即興曲』Op.66 [録音]1946年12月30日、ニューヨーク、ビクター第2スタジオ
18. 夜想曲第2番 変ホ長調Op.9-2 [録音]1946年12月30日、ニューヨーク、ビクター第2スタジオ
19. 夜想曲第8番 変ニ長調Op.27-2 [録音]1949年4月5日、ニューヨーク、ビクター第2スタジオ

<CD2>
1-24. 練習曲集Op.10 & 25(全24曲) [録音]1946年12月26日、1947年5月26, 28日、ニューヨーク、ビクター第2スタジオ
25-27. 3つの新練習曲 [録音]1947年5月28日、ニューヨーク、ビクター第2スタジオ

<CD3>
1-3. ピアノ協奏曲第1番 ホ短調Op.11
[共演]ウィリアム・スタインバーグ(指揮)RCAビクター交響楽団
[録音]1949年4月14日、ニューヨーク、マンハッタンセンター
4-6. ピアノ協奏曲第2番 ヘ短調Op.21
[共演]シャルル・ミュンシュ(指揮)ボストン交響楽団
[録音]1954年11月29日、ボストン、シンフォニーホール

<CD4>
1-14. ワルツ第1-14番 [録音]1950年2月6,7,13日、ニューヨーク、タウンホール

<CD5>
1-24. 24の前奏曲Op.28 [録音]1951年3月8,27,29日、ニューヨーク、タウンホール
25-28. ピアノ・ソナタ第3番ロ短調Op.58 [録音]1938年11月23-24日、ロンドン、アビイロード・第3スタジオ
29. 子守歌 変ニ長調Op.57 [録音]1938年11月23-24日、ロンドン、アビイロード・第3スタジオ
30-32. 3つのエコセーズOp.72-3 [録音]1938年11月23-24日、ロンドン、アビイロード・第3スタジオ

<CD6>
1-4. ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調『葬送行進曲付き』[録音]1954年1月5,7日、ニューヨーク、マンハッタンセンター
5-8. ピアノ・ソナタ第3番ロ短調Op.58 [録音]1954年1月5,7日、ニューヨーク、マンハッタンセンター

<CD7>
1-10) 夜想曲第1-10番 [録音]1956年12月19日、1957年2月26-27日、6,7,13日、3月1日、ニューヨーク、タウンホール

<CD8>
1-9. 夜想曲第11-19番 [録音]1957年2月26日、6,7,13日、3月1,4,14日、4月29日、ニューヨーク、タウンホール
10-12. 3つのエコセーズOp.72-3 [録音]1958年4月23日、ニューヨーク、タウンホール
13. 子守歌 変ニ長調 Op.57 [録音]1958年4月23日、ニューヨーク、タウンホール

【演奏】
アレクサンダー・ブライロフスキー(ピアノ)