こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ワジム・グルズマン~ヴァスクス:ヴァイオリン協奏曲“遠き光”、サマー・ダンス、ピアノ四重奏曲(SACDハイブリッド)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : 高音質(クラシック) SACDハイブリッド(クラシック)

掲載: 2020年03月04日 00:00

ヴァスクス

「遠き光」も収録!
ラトビアの現代作曲家
ヴァスクスの作品を鬼才グルズマンが演奏!

鬼才ヴァイオリニスト、ワジム・グルズマン。NHK交響楽団との共演でも知られる実力派ヴァイオリニストです。BISレーベルから多くのディスクをリリースしておりますが、期待の新譜はラトビアの現代作曲家ヴァスクスの作品3篇をとりあげました。

コントラバス奏者として音楽活動を開始したヴァスクスはリトアニアにて作曲を学びました。現在も現役の作曲家として活躍しております。

ヴァイオリンと弦楽オーケストラのための協奏曲「遠き光」はギドン・クレーメルのために作曲された作品。3つのカデンツァを含む5部構成をとるヴァスクスの代表作です。
サマー・ダンスは2つのヴァイオリンのための作品。壮大な美しさと瞑想的なスピリチュアルを感じさせます。
そしてピアノ四重奏曲は2001年に初演されて以降多くの演奏家が演奏している注目作品。母国ラトビアの音楽を取り入れた多彩な色彩感をもち6楽章構成で書かれております。グルズマンの素晴らしい演奏が光る注目盤です。
(キングインターナショナル)

【曲目】
ヴァスクス:
1.ヴァイオリンと弦楽オーケストラのための協奏曲「遠き光」(1996-97)
2.サマー・ダンス~2つのヴァイオリンのための(2017)
3.四重奏曲~ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロとピアノための(2001)

【演奏】
ワジム・グルズマン(ヴァイオリン)
フィンランド放送交響楽団[1]
ハンヌ・リントゥ(指揮)[1]
サンディス・シテインベルグス(ヴァイオリン)[2]
イルゼ・クリャーヴァ(ヴィオラ)[3]
レイニス・ビルズニェクス(チェロ)[3]
アンジェラ・ヨッフェ(ピアノ)[3]

【録音】
2018年4月、ヘルシンキ音楽センター(フィンランド)[1]
2018年10月[2]
2017年7月[3]
ゼンデザール(ブレーメン)[2,3]
制作・録音:マルティン・ナゴルニ