こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ガードナー&BBC響の新録音!シェーンベルク:浄められた夜、スケルトンを迎えてオーケストラル・ソング集(SACDハイブリッド)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : 高音質(クラシック) SACDハイブリッド(クラシック)

掲載: 2020年11月18日 00:00

シェーンベルク

エドワード・ガードナーとBBC交響楽団新録音!シェーンベルクの「浄められた夜」を軸にした、ドイツ語オーケストラル・ソング集。ソリストは、ガードナーとの名共演盤も多いオーストラリアの名テノール、ステュアート・スケルトン!

2015年からベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務める次代のマエストロ、エドワード・ガードナー。
2021年からはユロフスキの後任としてロンドン・フィルの首席指揮者に就任することが発表され、話題を呼んでいます。
ガードナーとBBC交響楽団とは、BBCプロムスではファースト・ナイトとラスト・ナイトを演奏したこともあるほど長く強固な関係を築いており、録音でもルトスワフスキやウォルトンの管弦楽作品集など、多くの名盤を残してきました。

そんな、ガードナーとBBC響による新たなSACDハイブリッド録音は、ガードナーの前作「ブリテン:ピーター・グライムズ(CHSA5250)」に引き続き、今をときめくオーストラリアの名ヘルデン・テノール、ステュアート・スケルトン(スチュアート・スケルトン)との豪華共演。
ガードナーとスケルトンの共演も名演揃いで、前出の「ピーター・グライムズ」は英グラモフォン誌の2020年10月「レコーディング・オヴ・ザ・マンス」に選ばれた他、英プレスト・クラシカルの「エディターズ・チョイス」に選定。また、「ヤナーチェク:グラゴル・ミサ(CHSA5165)」では2016年グラミー賞にノミネートしています。

シェーンベルクが無調や十二音技法へと至る前の時代の代表作の1つ、弦楽六重奏のための「浄められた夜」(作曲者自身による弦楽オーケストラ版)を中心に、同じリヒャルト・デーメルの詩を基に作られたオスカー・フリートの「浄められた夜」やレハール、コルンゴルトらによるドイツ語の管弦楽伴奏付き歌曲を組み合わせた魅惑のプログラムです。
(東京エムプラス)

【曲目】
1.フランツ・レハール:テノールと大管弦楽のためのトーン・ポエム《熱》
2.オスカー・フリート:メゾ・ソプラノ、テノールと管弦楽のための 《浄められた夜》 Op.9
3.シェーンベルク:《浄められた夜》 Op.4(作曲者自身の編曲による弦楽オーケストラ版)
4.コルンゴルト:テノールと管弦楽のための《別れの歌》 Op.14

【演奏】
エドワード・ガードナー(指揮)
BBC交響楽団
クリスティーネ・ライス(メゾ・ソプラノ)[2]
ステュアート・スケルトン(テノール)[1,2,4]

【録音】
2020年3月14日-15日
フェニックス・コンサート・ホール(フェアフィールド・ホール、クロイドン、イギリス)

輸入盤(SACDハイブリッド)

[日本語曲目表記オビ付き]

 

国内仕様盤(SACDハイブリッド)

[解説日本語訳&日本語曲目表記オビ付き]
解説:ポール・グリフィス(日本語訳:TEXTRAVAUX)