こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

【LPレコード】フルニエ、ヴォイク、チョン・キョンファ…アナログフォニックによる高品位LP新譜!

カテゴリ : ニューリリース | タグ : 高音質(クラシック) クラシックLP

掲載: 2021年01月14日 00:00

アナログフォニック新譜

C&L Musicは1990年、Sockgoo ChoiとTai Leeにより韓国ソウルで設立された音楽配給会社です。ジャズ、クラシック、ニューエイジ、60~70年代のロックやワールドミュージックなど良質な音楽の紹介とマーケティングに焦点を当て、現在では音楽配給会社として韓国で有数の地位を占めています。

Analogphonicは同社が手掛けるLPレコードのレーベルです。ユニバーサル・ミュージック、ワーナー・ミュージック、ソニー・ミュージック、SWR、日本のキング・レコードからオリジナル音源のライセンスを受け、現地メーカーでのマスタリングの上、ドイツのパラス社やオプティマル・メディア社などでのプレスにより、第1作となった2012年12月のチョン・キョンファ/コン・アモーレ(DD41018)以来、これまで約100点のLPレコードをリリースしています。制作担当者は前代未聞のウルトラマニアぶりを発揮。日本、ヨーロッパ、アメリカの各LPプレス工場のカッティングマシーン、カッティングヘッド、アンプ、プレスマシン、ラインの組み立て等すべてを把握しており、音源の状況によって使い分けるという離れ業で制作しております。さらに、マスタリングエンジニアも演奏や編成等によってかえる徹底ぶり。ですので、復刻LPといえども限りなくオリジナルに匹敵、もしくはタイトルによっては越えているのではと思わせるものもあります。

今回は弦楽器の貴重盤、フルニエ&バックハウスのブラームス、ルーマニアの名手ヴォイクによるメンデルスゾーン、チョン・キョンファ&ルプーによるフランクの3タイトルがリリース!長く品切れだった、ムターのカルメン幻想曲、ロストロポーヴィチのアルペジオーネ・ソナタ、シャハム&セルシェルのパガニーニ、ムローヴァ&マリナーのメンデルスゾーンの4タイトルが再プレスされます!!
(タワーレコード 商品本部 板倉重雄)

新譜3タイトル 2021年2月中旬発売予定

 

再プレス4タイトル 2021年2月中旬入荷予定

旧譜 在庫有り(1月14日現在) ※品切れの場合はご容赦くださいませ