こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

キャロリン・サンプソン&ジョセフ・ミドルトン~『女性のためのアルバム~ロベルト&クララ・シューマンのリート集』(SACDハイブリッド)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : 高音質(クラシック) SACDハイブリッド(クラシック)

掲載: 2021年01月28日 00:00

キャロリン・サンプソン

名唱サンプソンが『女の愛と生涯』を中心とする
ロベルト&クララ・シューマンのリート集

バッハ・コレギウム・ジャパンのソリストとしてもおなじみでBISレーベルから積極的なリリースが続いている名ソプラノ、キャロリン・サンプソンが「ロベルト&クララ・シューマンのリートからの女性のためのアルバム」を録音しました。
当アルバムでは8曲からなるロベルト・シューマンの連作歌曲『女の愛と生涯』の曲間にロベルトとクララがそれぞれ作曲したリート、さらにピアノ独奏曲を組み合わせた内容となっており、まるで一つの物語を聴いているかのようなコンセプトで仕上げております。

共演はサンプソンが「対等なデュオのパートナーシップ」と語るジョセフ・ミドルトンです。サンプソンと同じくバーミンガム大学で学んだミドルトンはこれまでにフェリシティ・ロット、セーラ・コノリーなど多くの著名な歌手との共演を誇り、現在サンプソンが最も信頼を置くピアニストのひとりです。ピアノの独立性が高くさらには声楽と対等な音楽表現が特徴である『女の愛と生涯』はもちろんのこと、そのほかの演奏も素晴らしいの一言に尽きます。名唱サンプソンとの最強デュオがまたひとつ名盤を完成させました。
(キングインターナショナル)

『女性のためのアルバム~ロベルト&クララ・シューマンのリート集』
【曲目】
ロベルト・シューマン(1810-1856)&クララ・シューマン(1819-1896)*
「プロローグ」
1.「ゆっくりと、そして表情豊かに遊ぶ」~子供のためのアルバム Op.68より第21曲
2.「美しいために私を愛するのなら」~3つの詩 Op.12より第2曲*

「彼に会って以来」
3.「彼に会って以来」~女の愛と生涯 Op.42より第1曲
4.「おお、歓喜よ」~ユクンデによる6つの歌 Op. 23より第6曲*
5.「民謡」~リートと歌 第2 集 Op.51より第2曲
6.「愛の魔法」~6 つの歌曲 Op.13より第3曲*

「彼は誰よりも素晴らしい人」
7.「彼は誰よりも素晴らしい人」~女の愛と生涯 Op.42より第2曲
8.「ある明るい朝に」~ユクンデによる6つの歌 Op. 23より第2曲*
9.「なぜ他の人にたずねるのか」~3つの詩 Op.12より第3曲*
10.「恋の歌」~リートと歌 第2集 Op.51より第5曲

「分からない、信じられない」
11.「分からない、信じられない」~女の愛と生涯 Op.42より第3 曲
12.「露見した恋」~5つのリート Op.40より第5 曲
13.「無言のはすの花」~6つの歌曲 Op.13より第6 曲*

「わたしの指の指輪よ」
14.「わたしの指の指輪よ」~女の愛と生涯 Op.42より第4曲
15.「月は静かに昇った」~6つの歌曲 Op.13より第4曲*
16.「花嫁の歌Ⅰ」~ミルテの花 Op.25より第11曲
17.「花嫁の歌Ⅱ」~ミルテの花 Op.25より第12曲
18.「満足」~子供の情景 Op.15より第5曲

「手伝って、妹たち」
19.「手伝って、妹たち」~女の愛と生涯 Op.42より第5 曲
20.「はすの花」~ミルテの花 Op.25より第7 曲
21.「あらしの夜の楽しみ」~12 の詩 Op.35より第1 曲

「やさしい人、あなたは見つめる」
22.「やさしい人、あなたは見つめる」~女の愛と生涯 Op.42より第6曲
23.「ハイランド地方の人びとの別れ」~ミルテの花 Op.25より第10曲
24.「眠りの精」~子供のための歌のアルバム Op.79より第12曲
25.「眠りに入る子供」~子供の情景 Op.15より第12曲

「わたしの心に、わたしの胸に」
26.「わたしの心に、わたしの胸に」~女の愛と生涯 Op.42より第7曲
27.「木馬の騎士」~子供の情景 Op.15より第9曲
28.「あなたの顔は」~5つのリートと歌 Op.127より第2曲
29.「おとめの憂い」~4つの歌 Op.142より第3曲

「今、あなたは初めてわたしを悲しませる。」
30.「今、あなたは初めてわたしを悲しませる。」~女の愛と生涯 Op.42より第8曲
31.「レクイエム」~6つの詩、レクエム Op.90より第7曲

「後奏曲」
32.「冬の時Ⅰ」~子供のためのアルバム Op.68より第38曲

【演奏】
キャロリン・サンプソン(ソプラノ)[2-17,19-24,26,28-31]
ジョセフ・ミドルトン(ピアノ/スタインウェイD)

【録音】
2018年8月、ブリストル聖ジョージ(イングランド)
セッション録音
プロデューサー&サウンド・エンジニア:イェンス・ブラウン(Take5 Music Production)