こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

サヴァールが描くグルックのバレエ音楽『グルック: ドン・ファン、セミラミス』(SACDハイブリッド)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : 高音質(クラシック) SACDハイブリッド(クラシック)

掲載: 2022年05月19日 00:00

サヴァール

グルックのバレエ音楽
サヴァールが描くドン・ファン!

グルックといえば、オペラ改革(『オルフェオとエウリディーチェ』、1762)で有名ですが、バレエ音楽を「改革」する作品も発表しています。ウィーンで初演された、モリエールの戯曲に基づくバレエ「ドン・ファン」そしてバレエ「セミラミス」です。この2つのバレエ作品は、ひとつの一貫したストーリーで構成され、その音楽では、オーケストラのすべての楽器や要素が場面の表現に役立てられている、という点で革新的でした。
ジョルディ・サヴァールとコンセール・デ・ナシオンは、グルックが音に込めた要素を色鮮やかに復元、ダンサーたちの姿が目に浮かぶよう。さらに、ドン・ファンの放埓ぶりも炎のように表現しています。グルックが、ヨーロッパの舞台をオペラとバレエの両方で輝かせていた存在であったことにあらためて気づかせてくれます。
(キングインターナショナル)

『グルック: ドン・ファン、セミラミス』
【曲目】
C.W.グルック(1714-1787):
・バレエ≪ドン・ファン≫ Wq.52(1761年)
・バレエ≪セミラミス≫ Wq. Anh. C/1(1762年)

【演奏】
ジョルディ・サヴァール(指揮)
ル・コンセール・デ・ナシオン(コンサートマスター:マンフレート・クレーマー)

【録音】
2022年1月27-31日