こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

落語家 林家こん平さんが逝去、享年77歳。「笑点」などテレビでも人気

カテゴリ : タワーレコード オンライン ニュース

掲載: 2020年12月21日 17:30

日本テレビ系番組「笑点」などで知られる落語家の林家こん平さんが、12月17日に誤嚥性肺炎のため亡くなったことがわかった。享年77歳。

こん平さんは新潟県出身。初代林家三平さんに師事し、二ツ目時代から「笑点」に出演。三平さんが亡くなったあとは、林家一門を引っ張る存在となり、大きな声と明るいキャラクターでテレビでも人気を集めた。

2005年、難病の多発性硬化症(MS)であることを公表。「笑点」への出演を休止し、その後は長期のリハビリを続けていた。一線からは退いたものの、一門の落語会や落語家仲間による卓球サークル「らくご卓球クラブ」では元気な様子を見せていた。

 

 

心よりご冥福をお祈りいたします。