こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

『ザ・ビートルズ:Get Back』、Blu-ray&DVDが7月13日リリース決定

カテゴリ : タワーレコード オンライン ニュース | タグ : ザ・ビートルズ

掲載: 2022年05月18日 17:40

Get Back
(C) 2022 Apple Corps Limited. Artwork
(C) 2022 Disney/Apple Corps Limited.

THE BEATLESの時空を超えた「体験型ドキュメンタリー・エンターテイメント」『ザ・ビートルズ:Get Back』が、7月13日に「Blu-ray コレクターズ・セット」と「DVD コレクターズ・セット」でリリースされることが決定。併せて予告編も公開された。

「ザ・ビートルズ:Get Back」7/13 Blu-ray コレクターズ・セット/DVD コレクターズ・セット発売  予告編

わずか8年足らずの活動にもかかわらず、数々の世界記録と共に、音楽、文化、ファッションだけでなく、社会、経済、政治――時代や国境を超えて世界中の人々に多大な影響を与えた伝説のロック・バンド THE BEATLES。約8時間にも及ぶ映像を収録した『ザ・ビートルズ:Get Back』には、John LennonPaul McCartney、George Harrison、Ringo Starrの4人が、1969年1月に「Get Back(復活)」を掲げ、原点であるライヴに戻ろうと曲作りを行うセッションの様子が収められている。すでに世界的成功を収めていた彼らだが、当時はJohn LennonとRingo Starr 28歳、Paul McCartney 26歳、George Harrison 25歳。その当時のありのままの姿を美しく修復した映像は、曲のアイディアを出し合いながらその場で演奏し、和気あいあいと、時に議論しながら新曲を作り上げていく過程から楽しそうなオフの顔まで、天才的音楽家であると同時に、世界を魅了したユーモアのセンス溢れる魅力的な4人の若者の姿を瑞々しく映し出している。

監督は、この半世紀でただひとり、貴重なプライベート映像アーカイヴへのアクセスを許されたアカデミー賞に輝く『ロード・オブ・ザ・リング』の巨匠 ピーター・ジャクソン。1969年1月に撮影された「ゲット・バック・セッション」の57時間以上の映像と、未発表を含む150時間以上の音源は3年かけて復元/編集され、「想像しなかったような親密さでTHE BEATLESを知ることになる」と監督が語るほどの「体験型ドキュメンタリー・エンターテイメント」として完成した。

誰もが知る名曲“Let It Be”や“Get Back”を含む、新曲14曲が1から創作されていくその歴史的瞬間をはじめ、最高のライヴ・バンドである彼らにとって最後のライヴとなった、ロンドンのアップル本社屋上での奇跡の「ルーフトップ・コンサート」も、史上初となるノーカット完全版で解禁。未発表映像と音源と共に語られる、John Lennon、Paul McCartney、George Harrison、Ringo Starrの知られざる素顔。そして、不朽の名曲“Get Back”(原点回帰/復活)に込められた彼ら4人の想いとは。解散から半世紀にして、これまで決して語られることのなかった「衝撃の真実」を、ぜひBlu-ray/DVDで楽しんでほしい。

Get Back
(C)2022 Apple Corps. Ltd.
All Rights Reserved.

Get Back
(C)2022 Apple Corps. Ltd.
All Rights Reserved.

Get Back
(C)1969 Paul McCartney. Photo by Linda McCartney.

 

▼リリース情報
Blu-ray&DVD
『ザ・ビートルズ:Get Back』
7月13日(水)リリース


■特典あり
先着で「B2ポスター」をプレゼント!
※特典満了次第終了とさせていただきます。

オススメ情報

新規メンバーズ登録クーポン