こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

セール&キャンペーン

「星野源のおんがくこうろん」第2回はジョージ・ガーシュウィン特集。ピアニスト 角野隼斗もVTR出演

カテゴリ : Classical

掲載: 2022年02月17日 18:00

更新: 2022年02月18日 15:30

ジョージ・ガーシュウィン
ジョージ・ガーシュウィン(1898~1937)

NHK Eテレで放送が始まった新音楽教養番組「星野源のおんがくこうろん」。星野源が音楽を解説することが大好きなパペットの「かいせついん」たちと毎回ひとりの「歴史を変えた」音楽家にスポットを当て、楽しく語り合いながら音楽を学んでいきます。2月18日放送の第2回はジョージ・ガーシュウィンを特集します。

1920年代から“ラプソディー・イン・ブルー”、“パリのアメリカ人”など、世界中で愛され続ける「アメリカ音楽」を作り上げてきたジョージ・ガーシュウィン。星野自身も幼少期から親しみ、大きな影響を受けてきた作曲家の意外な人となりや、ジャンルを超えた作曲へのこだわり、さらには今なお上演され続けているオペラ「ポーギーとベス」への思いなど、数々のエピソードを、当時のアメリカの時代背景も交えながらVTRや紙芝居でたっぷりと見ていきます。

さらに、ジョージ・ガーシュウィンの音楽が持つ魅力を実演、解説するのは、ピアニストの角野隼斗。昨年2021年の「NHK紅白歌合戦」にも出演し、YouTubeでは「Cateen かてぃん」としても活躍中の彼が、ジョージ・ガーシュウィンの代表曲“ラプソディー・イン・ブルー”を題材に、独特なリズムやメロディをピアノで実演しながら解説します。

ここでは、“ラプソディー・イン・ブルー”を中心に、ガーシュウィンの名曲を集めたCDをご紹介いたします。

ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー/パリのアメリカ人/キューバ序曲/キャットフィッシュ・ロウ/ピアノ協奏曲、他全15曲
ガーシュウィンの名曲15曲を2枚組に凝縮したベスト盤。”ラプソディー・イン・ブルー”は、クラシックからミュージカルまで幅広く活躍した才人バーンスタインがロサンゼルス・フィルをピアノを弾きながら指揮しています。

ガーシュウィン: ラプソディ・イン・ブルー、パリのアメリカ人 他<タワーレコード限定>
”ラプソディー・イン・ブルー”では人気ピアノ・デュオのラベック姉妹が2人でピアノ・パートを弾き、名指揮者シャイーがアメリカの名門クリーヴランド管を輝かしく鳴り響かせています。

ガーシュウィン: ラプソディ・イン・ブルー、パリのアメリカ人、グローフェ:グランド・キャニオン
”ラプソディー・イン・ブルー”でオーケストラ編曲を手助けしたのはジャズ・バンド・アレンジャーをしていたグローフェでした。ガーシュウィンの名曲2曲と、グローフェの名作”グランド・キャニオン”をカップリングした好選曲。バーンスタインが若き日にニューヨーク・フィルを指揮したステレオ初期の名盤。音質は今もって優秀です。

ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー パリのアメリカ人 ピアノ協奏曲 へ調
バーンスタインと並び、ジャンル横断的に活躍したアンドレ・プレヴィンはクラシックの巨匠にしてジャズの名ピアニスト、映画音楽の大家でした。ガーシュウィンの人気作2曲に加え、ピアノ協奏曲へ調が最高の演奏で聴ける1枚。

ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー、アイ・ガット・リズム、ポーギーとベス 他
われらがマエストロ小澤征爾が世界最高のベルリン・フィルを指揮し、20世紀後半を席巻した超絶技巧ピアニスト、ワイセンベルクが共演した名アルバム。

パーフェクト・ピアノ・ロール Vol.1 ~ガーシュウィン・プレイズ・ガーシュウィン
ガーシュウィンによるピアノ独奏版”ラプソディー・イン・ブルー”の自作自演が聴ける1枚。彼が活躍した20世紀前半はまだ録音が未発達だったため、実際のピアノを人間に代わって機械が演奏するピアノ・ロールが普及していました。これは、ガーシュウィン自身がピアノ・ロールのために「収録」したものを現代のピアノで再生。彼のテクニックや演奏の間合い、タッチの強弱が、鮮明なデジタル録音で蘇ります。

ガーシュウィン:「ポーギーとベス」全曲(DVD・日本語字幕付き)
ガーシュウィンの傑作「ポーギーとベス」はたいへん人気の高いオペラにも関わらず、意外なことにこれまでオペラとしての舞台上演の映像商品がありませんでした。このサンフランシスコ歌劇場での上演は待望の舞台収録映像です。歌手は米国の実力ある歌手が集められています。

ブライアン・ウィルソン リイマジンズ・ガーシュウィン/Brian Wilson
元ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンが2012年に発表した、尊敬する作曲家ジョージ・ガーシュインの名曲の数々をビーチ・ボーイズ的なサウンド・アレンジで歌ったトリビュート作品集!

■角野隼斗

George Gershwin
©@ogata_photo

角野隼斗1st.フルアルバム「HAYATOSM」はコチラ!
ショパン、リストの作品や自身作曲オリジナル曲収録。クラシック楽曲には一部自身による編曲なども加えています。(ガーシュウィンはまだ録音していません)

 

▼番組情報
NHK Eテレ「星野源のおんがくこうろん」
2月18日(金)23:00~23:30
出演:星野源 / 林田理沙アナウンサー
VTRゲスト:角野隼斗
かいせついん:ヨシかいせついん(高橋芳朗) / トシかいせついん(大和田俊之)
※以降、2月25日(金)、3月11日(金)放送予定