こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

大野和士、デュティユーを振る! 明晰、透明感、そして気品溢れる音楽

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2011年01月02日 17:07

更新: 2011年01月12日 14:45

大野和士

大野和士、デュティユーを振る! 明晰、透明感、そして気品溢れる音楽
大野和士が指揮するデュティユーの登場。デュティユー独特の、空間に点描を描くような音世界、静寂と嵐のよう暴力的な部分の対比、すべてを見事に明晰にまとめあげている大野の棒は見事。エネルギーが爆発する部分でも、大野の熱い音楽性がオーケストラ全体を興奮の渦へと巻き込みます。イヴァノフは18歳でエリザベート王妃国際コンクールに優勝した実力派で、知性と技巧を絶妙なバランスで併せ持つ逸材です。デュティユーの世界を息もつかせぬ技巧と抒情で聴かせます。1943年生まれ、ブリュッセルで学んだ作曲家ダエーヌの作品もオケが底鳴りするような迫力に満ちた作品です。

【曲目】
デュティユー(b.1916):
 1. 同じ和音の上に(ヴァイオリンと管弦楽のためのノクターン)
 2. 夢の樹(ヴァイオリンと管弦楽のための協奏曲)
ラファエル・ダエーヌ(b.1943):ヴァイオリン協奏曲
【演奏】
大野和士(指揮)
ヨッシフ・イヴァノフ(ヴァイオリン/1699年製ストラディヴァリウス‘Lady Tennant’)
リヨン国立歌劇場管弦楽団
【録音】
2009年7月

 

 

 

 

【関連タイトル】