こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

アヴィーチー“Wake Me Up”のヴォーカル&共作者=アロー・ブラック新作

カテゴリ : ニューリリース | タグ : ソウル/R&B

掲載: 2014年02月05日 16:54

更新: 2014年02月21日 12:30

Aloe Blacc

69ヶ国で1位を獲得したAviciiの大ヒット・シングル“Wake Me Up”のヴォーカル&共作者として知られるAloe Blaccが、遂にワールドワイド&メジャー・デビューを果たす!実力、過去実績にAviciiの大ヒットで万全の体制は整った!約3年半振りにリリースされる通算3作目、且つInterscopeからリリースされるメジャー・デビュー・アルバム!プロデューサーは本人とDJ Khalil、Chin Injeti がメインでAlex Finkin(#1)、Pharrell Williams(#2)、、Rock Mafia(#8)と豪華な面子!
さらにアローの人気を決定づけた前作「Good Things」のデラックス盤も登場!

【Aloe Blacc】
1979年1月7日生まれ、カリフォルニア州オレンジ・カウンティ出身のシンガー、ソングライター、ラッパー。2003年にソロ活動を始めるまでは、ヒップホップのプロデューサーと組んでEmanon(後ろから読むとNo Name、ジャズ・トランペット奏者=Dizzy Gillespieの曲にインスピレーションを得て付けた)というユニットを組んで活動。ミックス・テープ、EP、3枚のアルバムをリリース。Aloeは2003年にソロ・アーティストとして活動、2枚のEPをリリース。2006年、 Stones Throw Records(Mayer Hawthorne を輩出したLAのインディ・レーベル)と契約。レーベルのトップからアルバム制作の依頼が直々届き、彼はファースト・アルバム=”Shine Through”を完成させ7月にリリース。作品はPitchfork等で高く評価された。2010年9月に同レーベルからセカンド・アルバム”Good Things”をリリース。アメリカでは新人チャート10位、R&Bチャート41位を記録、イギリス、フランス、ドイツ、オーストラリアではゴールド・ディスクを獲得するなど商業的な成功を得た。2010年3月にセカンド・アルバムからリリースされたファースト・シングル、’I Need a Dollar’が全英シングル・チャートで2位を記録。結果、2012年のBrit Awardでは2部門(Best International Male Soul Artist、Best International Breakthrough Act)にノミネート。アメリカでも2011年のSoul Train Awards(Centric Award)、Workers Voice Awardsにノミネート。69ヶ国で1位を獲得したAvicii“Wake Me Up”はソロ・アルバムがヒットした国以外の認知度を飛躍的に上げる役割を果たした。2013年11月、過去のソロ作品がヒットし、ドイツ語圏(ドイツ、オーストリア、スイス)のみ先行リリース。日本のリリースはまだか?という問い合わせが年明けに数多く入る。本国アメリカにおいても、全米シングル・チャート5位、ホット・ダンス・クラブ・ソングスとダンス/エレクトロニック・ソングスのチャートでは1位を記録している。