こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

【追悼】ジョン・ウェットン

タグ : プログレッシブロック (Progressive Rock)

掲載: 2017年02月02日 11:37

John Wetton

エイジア、キング・クリムゾン、U.K.、ロキシー・ミュージックなどで活動したベーシスト、ジョン・ウェットンが2017年1月31日に逝去。享年67。

ロバート・フリップから誘われて『太陽と戦慄』『レッド』期のベースとヴォーカルを担当し、キング・クリムゾンの名曲誕生に大きく貢献。スリリングなベース・プレイと素晴らしい歌声で、クリムゾン黄金期を支えました。その後プログレッシブ・ロック界の名ミュージシャンが集まったバンド、エイジアを結成。デビュー作はリリース年のアメリカで最も売れたアルバムに認定されています。謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。

ビル・ブルーフォード、ジョン・ウェットンらが加入、超強力な布陣で制作された、名作との評価も高い通算5作目。ヴァイオリンが効果的に用いられた本作は、静と動のイメージを織り交ぜることで、緊張感に満ちた楽曲世界が構築されている。(1973年作品)

 

ロバート・フリップ、ビル・ブルーフォード、ジョン・ウェットンというトリオ編成による通算7作目。楽曲・演奏のクオリティの高さ、そしてアルバム全体に漂う圧倒的な緊張感。様々な模索の果てにたどり着いた、バンドの究極形と呼ぶにふさわしい一枚。(1974年作品)

 

ジェフリー・ダウンズ、スティーヴ・ハウ、カール・パーマー、ジョン・ウェットンというシーンを作り上げてきたつわもの達により結成されたスーパー・グループのデビュー作。9週連続1位を獲得し、ビルボード誌の年間アルバムチャートNo.1を獲得したモンスター・アルバム。「ヒート・オブ・ザ・モーメント」「時へのロマン」等収録。(1982年作品)

 

ジョン・ウェットン、ビル・ブルーフォード、エディ・ジョブソン、アラン・ホールズワースの4人によって結成されたスーパー・グループ.のデビュー作。パンク全盛期に登場した本格的プログレッシヴ・ロック・アルバム。即興と様式美が高次で拮抗する傑作。(1978年作品)