こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Nitzer Ebb(ニッツァー・エブ)|エレクトロニック・ボディ・ミュージックを代表するバンドのアルバム6タイトルが一挙復刻

タグ : クラブ/テクノ リイシュー ロック復刻&発掘

掲載: 2020年12月29日 15:45

Nitzer Ebb(ニッツァー・エブ)

EBMシーンのマイルストーン的傑作『That Total Age』の他、メタル・ダンス・クラシックス「Control I’m Here」を収録した『Belief』など計6タイトルがリイシュー。


line

Basic Pain Procedure

レコード会社への売り込みのために作られたデモテープをもとにした1983年の自主リリース作。オリジナル発売時はカセットテープのみ。M9以降はライヴ・テイク。1st後に脱退したデヴィッド・グッデイを含むオリジナル・ラインナップでのライヴを追体験できる唯一の機会。「A Whiter Shade of Pale」(青い影)はプロコル・ハルム名曲のカバー。電化したポストパンク・サウンドの端々に後のニッツァー・エブ・マナーの片りんが。シンプルなセットが醸し出すDIYムードが逆に今こそフィット。再発マスタリングはピーター・ブラック。

【収録曲】1 Faded Smiles / 2 Tradition / 3 The Home / 4 Star / 5 The Passage / 6 The Book / 7 Crane / 8 Trust Ran In Colours / 9 Tradition / 10 The Home / 11 Star / 12 The Book / 13 Crane / 14 Violent Playground / 15 A Whiter Shade Of Pale / 16 Smear Body

輸入盤:国内流通仕様CD


輸入盤LP



line

That Total Age

イギリスでは名門ミュートから、アメリカではメジャーのゲフィンから1987年にリリースされた記念すべきデビュー・アルバムにしてEBMシーンのマイルストーン的傑作。ストック・エイトキン・ウォーターマンの右腕フィル・ハーディングがプロデュースを担当。USのダンス・チャートでもトップ10入りしたヒット・シングルの「Join In The Chant」はフィリックス・ダ・ハウスキャットやDJヘルがミックスで取り上げたことで2000年代にもリバイバル。ボーナストラック6曲。

【収録曲】1 Fitness To Purpose / 2 Warsaw Ghetto / 3 Violent Playground / 4 Murderous / 5 Smear Body / 6 Join In The Chant / 7 Alarm / 8 Let Your Body Learn / 9 Let Beauty Loose / 10 Into The Large Air / 11 Murderous (Instrumental) / 12 Fitness to Purpose (Mix Two) / 13 Join In The Chant (Burn! 12" Mix) / 14 Let Your Body Learn (12" Mix) / 15 Join In The Chant (Metal Mix) / 16 Warsaw Ghetto (Original 12" Mix)

輸入盤:国内流通仕様CD



line

Belief

1989年に、再びイギリスではミュートから、アメリカではゲフィンから発売されたセカンド・アルバム。U2『The Joshua Tree』でヒット・プロデューサーの仲間入りを果たしたフラッドことマーク・エリスがプロデュース。シングル「Control I’m Here」はトレヴァー・ジャクソンもコンピで取り上げたメタル・ダンス・クラシックス。ウィリアム・オービットやミュート総帥ダニエル・ミラー直々のリミックスなどなどを集めたボーナス・ディスク付きの2枚組。

【収録曲】[CD 1] 1 Hearts and Minds / 2 For Fun / 3 Control I’m Here / 4 Captivate / 5 T.W.A / 6 Blood Money / 7 Shame / 8 Drive / 9 Without Belief / 10 K.I.A. (PK Mix) / 11 Time Slips By (PK Mix) / [CD 2] 1 Control I’m Here (Hardcore Mix) / 2 Control I’m Here (Command Control Confront Mix) / 3 Control I’m Here (Strategic Dance Floor initiative Mix) / 4 Hearts & Minds (Mix Hypersonic) / 5 Hearts & Minds (Mix Subsonic) / 6 Captivate (William Orbit Mix) / 7 Shame (Mix No 2 William Orbit) / 8 Backlash (Mix No 2) / 9 Shame (Mix no 3-Painful Emotion by Daniel Miller) / 10 Backlash (William Orbit Mix) / 11 Without Belief (instrumental)

輸入盤:国内流通仕様CD



line

Showtime

再びフラッドをプロデューサーに立て制作、1990年にリリースされたサード・アルバム。ジョージ・クリントンのリミックスを搭載したシングル「Fun To Be Had」はビルボードのダンス・チャートで2位まで躍進。EBMのコアを維持しながらもロック、ジャズやダンス・ミュージックなど様々な要素が見え隠れ、これまで以上にバラエティに富んだ作品に。ニック・ケイヴ&バッド・シーズのバリー・アダムソンや後にベックのプロデュースで飛躍するダスト・ブラザーズなど、シングルのリミキサー陣もクセ者ぞろい。それら貴重なリミックスを収めたボーナス・ディスク付きの2枚組。

【収録曲】[CD 1] 1 Getting Closer / 2 Nobody Knows / 3 One Mans Burden / 4 All Over / 5 My Heart / 6 Lightning Man / 7 Rope / 8 Hold On / 9 Fun To Be Had / 10 Who We Are / 11 Out Of Mind / 12 Taken From Me (Servant Mix) [CD 2] 1 Lightning Man (The Industry Vs The Ebb Remix) / 2 Who We Are (Holger Hiller Mix) / 3 Fun To Be Had (George Clinton Edit) / 4 Getting Closer (The Pool Mix) / 5 Out of Mind (Maitresse Mix) / 6 Lightning Man (Barry Adamson Mix) / 7 Fun To Be Had (Dust Brothers Master Mix) / 8 Getting Closer (The Trance Mix) / 9 Lightning Man (RSW Mix) / 10 Fun To Be Had (Rave Mix) / 11 Getting Closer (The Kitchen Mix) / 12 Fun To Be Had (Sneeze Mix) / 13 Out Of Mind (Spoken) / 14 Fun To Be Had (Allergic Mix) / 15 Fun To Be Had (Rave On Mix)

輸入盤:国内流通仕様CD


輸入盤LP



line

Ebbhead

1991年発売の第4作。フラッドと共にデペッシュ・モードのアラン・ワイルダーがプロデュースで参加。インダストリアル・ロックとダンス・ビートがよりナチュラルに融合した一方でボーカルのダグラス・マッカーシーのソングライティングはよりスケールを増しダイナミックに。「DJVD」ではヒップホップへのアプローチも。イレイジャーのヴィンス・クラークによる「Ascend」のリミックス、キリング・ジョークのジャズ・コールマンが手掛けた「Family Man」のミックスほか、ボーナストラックもファン必聴のお宝多数。

【収録曲】[CD 1] 1 Reasons / 2 Lakeside Drive / 3 I Give To You / 4 Sugar Sweet / 5 DJVD / 6 Time / 7 Ascend / 8 Godhead / 9 Trigger Happy / 10 Family Man (Jaz Coleman Mix) / 11 Lovesick (Flood Mix) / 12 Come Alive (Alan Wilder Mix) / 13 Higher (Barry Adamson Mix) / 14 Stray Cat Blues [CD 2] 1 I Give To You (Elemental) / 2 Ascend (Vince Clarke Anonymous Mix) / 3 Godhead (Purified Version) / 4 I Give To You (Alan Wilder Full Version) / 5 Ascend (Pro-gress Three Vocal Mix) / 6 Lakeside Drive (Remix) / 7 I Give To You (Pestilence Mix) / 8 Godhead (Alternate Purified Version) / 9 Ascend (Remix) / 10 Trigger Happy (Sparse Mx) / 11 Godhead (Remix By Flood)

輸入盤:国内流通仕様CD


輸入盤LP



line

Big Hit

1995年リリースのミュート・レーベルでのラスト・アルバム(通算第5作)。「Kick It」のギターはバッド・ブレインズのドクター・ノウ、リミックスはエイドリアン・シャーウッド。ディスク1のM13、M14は未発表。ディスク2のボーナス・トラックには当時CDシングルのみでしか聞けなかったもの(M8、M12など)もあり今となっては何気に貴重かと。ダグラス・マッカーシーは本作の後アラン・ワイルダーのリコイルのボーカルやフレンチ・エレクトロのプロデューサー、テレンス・フィクスマーとのデュオ・プロジェクトなどで活動。

【収録曲】[CD1] 1 Cherry Blossom / 2 Hear Me Say / 3 Kick It / 4 I Thought / 5 Flood Water / 6 Border Talk / 7 In Decline / 8 Living Out Of A Bag / 9 Boy / 10 Our Own World / 11 Friend (Brittle Mix) / 12 Beats Me / 13 Skintight (Previously Unreleased) / 14 Dead Gone (Previously Unreleased) / [CD2] 1 Kick It (Popular Music Mix) Remixed By Bon Harris And Randy Wilson / 2 I Thought (Final Sin) / 3 Kick It (Adrian Sherwood Compulsion Edit) / 4 I Thought (Sucked In Sucked Out) / 5 Kick It (The Secret Knowledge Velvet Dm’s Mix) / 6 Kick It (Banjo Sin Remixed By PK) / 7 Kick It (Short Dub) Remixed By Adrian Sherwood / 8 Kick It (Logical Edit) Remixed By PK / 9 Kick It- (Adrian Sherwood Main Mix) / 10 Kick It (Hippy Grip) Remixed By Randy Wilson / 11 Kick It (Sherwood Dub) / 12 Kick It (Addiction Edit)

輸入盤:国内流通仕様CD


輸入盤LP