こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Kurt Vile(カート・ヴァイル)|故ジョン・プラインらナッシュビルのヒーロー達も参加した歴史的最新EP

タグ : UK/US INDIE

掲載: 2021年01月07日 15:39

Kurt Vile(カート・ヴァイル)

「おそらく俺の人生で最も特別だった音楽的瞬間」 - カート・ヴァイル

フォーク、カントリー、サイケを血肉に現在のUSインディーを代表するシンガー・ソングライターのひとり、カート・ヴァイルが最新EP『Speed, Sound, Lonely KV』をリリース!故ジョン・プラインをはじめナッシュビルのヒーローたち、ダン・オーバック、マット・スウィーニーも参加した歴史的作品となっている。

本作はテネシー州ナッシュビルのThe Butcher Shoppeスタジオで4年間に渡って行われた散発的なセッションをまとめた作品となっており、先日急逝したカントリーの大御所ジョン・プラインをはじめ、エルヴィス・プレスリーのバックを務めたボビー・ウッド、ジョニー・キャッシュやジェリー・リード作品の常連デイヴ・ロー、ポッサムことジョージ・ジョーンズの屋台骨を支えたケニー・マローン、そしてプラインのバック・メンバーだったパット・マクラフリンといった地元の英雄たちが参加。さらに、ダン・オーバック(ザ・ブラック・キーズ)とマット・スウィーニー(チャベス、スーパーウルフ)も加勢した新旧米国音楽の顔たちが集結。

ジョン・プラインのカバー曲である「How Lucky」と「Speed of the Sound of Loneliness」、"カウボーイ "ジャック・クレメントのカバー「Gone Girl」、カート・ヴァイルの新曲2曲を加えた計5曲を収録。プロデュースとエンジニアはジャック・クレメントの弟子にしてナッシュヴィルを代表する名匠デヴィッド・R・ファーガソンが務めている。

輸入盤CD


輸入盤LP


■収録曲
01. Speed of The Sound of Loneliness
02. Gone Girl
03. Dandelions
04. How Lucky (with John Prine)
05. Pearls

コートニー・バーネットとカート・ヴァイルによるコラボ・アルバム『ロッタ・シー・ライス』>>>>