こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

文豪マルセル・プルーストの生誕150周年記念!ド・スワルテ&ヴィリアンクール~『プルースト、1907年7月1日のコンサート』

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2021年02月15日 00:00

『プルースト、1907年7月1日のコンサート』

生誕150年のプルースト。
「失われた時を求めて」の原動力となった
1907年コンサートを再現

今年(2021年)は文豪マルセル・プルーストの生誕150周年にあたります。それを記念してハルモニア・ムンディならではのアルバムが登場します。

プルーストは音楽の造詣が深く、レイナルド・アーンとのパートナー関係は有名ですが、若い頃からフォーレの音楽を熱愛していました。
彼は「失われた時を求めて」の執筆を開始する6年前の1907年7月1日にリッツ・ホテルで「フィガロ」誌編集者ガストン・カルメットのためのディナーを催しました。その際フォーレも招き自作を演奏させる企画もしたとされます。
しかし土壇場でキャンセルされたため、マルグリット・アッセルマンとモーリス・アヨ、エドゥアール・リスレルでプログラムを再考したのがこの演目でした。

演奏者の主張で当初企画していた趣旨から大きく変更されましたが、プルーストの音楽的嗜好は反映され、アーンの美しい作品を最初と最後に、フォーレのヴァイオリン・ソナタ第1番をメインに据えています。このソナタは「失われた時を求めて」に登場する架空の「ヴァントゥイユのソナタ」のモデルとみなす研究家も多く、小説成立に大きな役割を果たしたことは間違いありません。

また「ヴァントゥイユのソナタ」が「トリスタンとイゾルデ」の強い影響を受けているという設定から、リスト編曲の「イゾルデの愛の死」も重要。プルーストは、「失われた時を求めて」中最も感動的な「祖母の死」の場面をこの編曲を聴いた印象で書いたとも言われ、この小説が音楽から多大なインスピレーションを得ていこと、1907年7月1日のコンサートが重要なカギとなっていることを証明してくれます。フランス文学関係者必聴のアルバムです。

演奏は17世紀作品で高い評価を受けるテオティム・ラングロワ・ド・スワルテ。シテ・ド・ラ・ミュージックの音楽博物館所蔵の1708年製作ストラディヴァリウスの銘記「ダヴィドフ」を使用。
ピアノはハルモニア・ムンディいち押しのタンギ・ド・ヴィリアンクールが同じく音楽博物館所蔵の1891年製エラールを使用。ハーフ・サイズのグランドで、サロンで愛用されたモデルゆえ、まさに往時の響きを再現しています。
(キングインターナショナル)

『プルースト、1907年7月1日のコンサート』
【曲目】
1.レイナルド・アーン:クロリスに
2.シューマン:夕べに Op.12の1
3.ショパン:前奏曲 変ニ長調 Op.28の15「雨だれ」
4.フォーレ:ヴァイオリン・ソナタ第1番 イ長調 Op.13
5.フォーレ:子守歌 Op.16
6.クープラン:神秘的なバリケード
7.フォーレ:夢のあとに
8.フォーレ:ノクターン第6番 変ニ長調 Op.63
9.ワーグナー(リスト編):イゾルデの愛の死
10.アーン:いみじき時

【演奏】
テオティム・ラングロワ・ド・スワルテ(ヴァイオリン)
使用楽器:ストラディヴァリウス「ダヴィドフ」1708年

タンギ・ド・ヴィリアンクール(ピアノ)
使用楽器:エラール1891年

【録音】
2020年9月、フィラルモニ・ド・パリ(シテ・ド・ラ・ミュージック)