こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

20世紀最大のホルン奏者!生誕100年記念『デニス・ブレインヘのオマージュ』(11枚組)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : ボックスセット(クラシック)

掲載: 2021年03月05日 12:00

ブレイン

20世紀最大のホルン奏者、デニス・ブレイン生誕100年
ソロ、室内楽、室内アンサンブルでの録音を収録した記念BOX

2021年5月17日は、20世紀最大のホルン奏者である《デニス・ブレイン》が生誕100周年を迎えます。有名なホルン奏者オーブリー・ブレインの息子である彼は、16歳のときに伝説的なEMIプロデューサーのウォルター・レッグによって見いだされました。レッグが1945年にフィルハーモニア管弦楽団を設立したとき、彼はすぐにデニス・ブレインを首席ホルンとして雇いました。
「彼には技術的な問題はありませんでした。彼の楽器演奏の全範囲にわたって、イントネーション、レガート、スタッカート、ダイナミックレンジ、そして何よりも、他のホルン奏者にはない表現力を習得していました。そして、すべての演奏が一人の若者に具現化されたということは十分に奇跡でした。しかし、さらに大きな魔法がありました。彼の口調の個性です」と、ウォルター・レッグは述べています。専門家の間でさえ、指揮者、歌手、ヴァイオリニスト、ピアニストのそれぞれのメリットと比較について意見が異なりますが、彼が最初に国際的に知られるようになって以来、デニス・ブレインが比類のない卓越性を達成したことに異議を唱える声はありません。彼は今日も後継者の模範であり続けています。
彼の演奏は、その時代の最高の指揮者を確信させました(ビーチャム、サヴァリッシュ、ストコフスキー、サージェント、カラヤン…)。そして彼に作品を捧げた多くの作曲家に影響を与えました(ブリテン、アーノルド、ヒンデミット、ジェイコブ、バークレー、プーランク…)。
「音楽以外の彼の人生への唯一の関心は、彼の家族と自動車でした」とレッグは書いていますが、残念ながら彼は、1957年9月1日に自動車事故で悲劇的に命を犠牲にしました。
このコレクションは、ソリスト、室内楽および室内オーケストラの主要メンバーとして、1938年から1957年までの旧EMIのすべての録音を集めています。オペラなどへの注目すべき参加も追加されています。また、彼を念頭に置いて作曲された音楽も含まれます。初出音源、初CD化音源も収録。

ここに収録された全ての音源は、オリジナル・マスターより作成された唯一の正規音源であり、一番新しいリマスター音源にて作成されています。
2010年以降のオリジナル・マスターよりハイレゾリマスター音源のもののみ、収録曲に記載。
(ワーナーミュージック)

【曲目】
《CD1》
モーツァルト:
1-6) ディヴェルティメント第17番 ニ長調K.334
7-9) ホルン協奏曲第2番 変ホ長調K.417
10-12) ホルン協奏曲第4番 変ホ長調K.495
13) 歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』K.588
~アリア「恋人よ、許してください」(英語歌唱)(初CD化)


[演奏]
デニス・ブレイン(ホルン)
オーブリー・ブレイン(ホルン:1-6)
ジョアン・クロス(ソプラノ:13)
レナー弦楽四重奏団(1-6)
ワルター・ジュスキント(指揮:7-9)、
ローレンス・コリングウッド(指揮:13)
マルコム・サージェント(指揮:10-11)
ローレンス・ターナー(指揮:12)
フィルハーモニア管弦楽団(7-9, 13)
ハレ管弦楽団(10-12)
[録音]
16.II.1938, No. 3 Studio, Abbey Road, London (1-6);
21.VI.1943, Houldsworth Hall, Manchester (10-12);
27.III.1946 (7-9), 2.I.1947 (13) No. 1 Studio, Abbey Road, London
MONO
(Tr13:2021年リマスター)


《CD2》
1-3) ベートーヴェン:ホルン・ソナタ ヘ長調Op.17
4-6) R.シュトラウス:ホルン協奏曲第1番 変ホ長調Op.11
7-8) モーツァルト:ディヴェルティメント第16番 変ホ長調K.289
9-10) シューマン:アダージョとアレグロ 変イ長調Op.70
11) モーツァルト:歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』~「恋人よ、許してください」
12) ハイドン:交響曲第31番 ニ長調「ホルン信号」~第1楽章
13) メンデルスゾーン:『夏の夜の夢』~夜想曲
14) ディーリアス:『人生のミサ』~第2幕への前奏曲
15) ワーグナー:ジークフリートの角笛
16) デュカス:ホルンとピアノのためのヴィラネル

[演奏]
デニス・ブレイン(ホルン)
セーナ・ユリナッチ(ソプラノ:11)
デニス・マシューズ(ピアノ:1-3)
ジェラルド・ムーア(ピアノ:9-10)
デニス・ブレイン管楽アンサンブル(7-8)
アルチェオ・ガリエラ(指揮:4-6)
ラファエル・クーベリック(指揮:13)
フィルハーモニア管弦楽団(4-6, 13)
フリッツ・ブッシュ(指揮)グラインドボーン祝祭管弦楽団(11)
ジャック・ウェストラップ(指揮)管弦楽団(12)
トーマス・ビーチャム(指揮)ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団(14)
[録音]
03.IV.1944 (1-3), 14.V.1947 (15), 22.IV.1952 (9-10), No. 3 Studio, Abbey Road;
21.V.1947, Kingsway Hall, London (4-6);
19.IV.1952, No. 1a Studio, Abbey Road, London (16);
8.V.1948 (14), 16.II.1952 (13), 17.IX.1952 (12), 5.XII.1952 (7-8), No. 1 Studio, Abbey Road,
12.VII.1951 Opera House, Glyndebourne (11)
MONO
(Tr11:2017年リマスター/ Tr13:2014年リマスター/ Tr14:2017年リマスター)


《CD3》
モーツァルト:
1-3) ピアノと管楽のための五重奏曲 変ホ長調K.452
4-7) 音楽の冗談 K.522
8-10) ピアノと管楽のための五重奏曲 変ホ長調K.452
11-14) ディヴェルティメント第14番 変ロ長調 K.270

[演奏]
デニス・ブレイン(ホルン)
コーリン・ホースレイ(ピアノ:1-3)、
ヴァルター・ギーゼキング(ピアノ:8-10)
ジョージ・マルコム(ピアノ:11-14)、
フィルハーモニア管楽四重奏団(1-3)
デニス・ブレイン管楽アンサンブル(11-14)
グイド・カンテッリ(指揮)フィルハーモニア管弦楽団(4-7)
[録音]
15 & 23.V.1954 (1-3), 15-16.IV.1955 (8-10) No. 1 Studio, Abbey Road;
18.VIII.1955 (4-7), Kingsway Hall, London;
VII.1957, Memorial Hall, Farringdon Street, London (11-14)
MONO (1-3, 8-14), STEREO (4-7)
(Tr4-7:2020年リマスター)


《CD4》
1-3) ベートーヴェン:ピアノと管楽のための五重奏曲 変ホ長調Op.16
4-6) R.シュトラウス:ホルン協奏曲第1番 変ホ長調 Op.11
7-9) R. シュトラウス:ホルン協奏曲第2番 変ホ長調 AV.132
10) メンデルスゾーン:『夏の夜の夢』~夜想曲
11) レオポルト・モーツァルト:水撒きホース協奏曲 ~第3楽章

[演奏]
デニス・ブレイン(ホルン:1-10/ 水撒きホース:11)
ヴァルター・ギーゼキング(ピアノ:1-3)
デニス・ブレイン管楽アンサンブル(1-3)
ヴォルフガング・サヴァリッシュ(指揮:1-9)
パウル・クレツキ(指揮:10)
フィルハーモニア管弦楽団(4-10)
ノーマン・デル・マー(指揮)マーレイ・カレッジ交響楽団(11)
[録音]
15-16.IV.1955 (1-3), 23.IX.1956 (4-9), No. 1 Studio, Abbey Road, London;
5.II.1954 Kingsway Hall, London (10),
13.XI.1956 Royal Festival Hall, London (11)
MONO


《CD5》
1-13) レノックス・バークリー:ホルン三重奏曲Op.44
14-16) ヒンデミット:ホルン協奏曲
17-21) ゴードン・ジェイコブ:ピアノと管楽器のための六重奏曲Op.6
22-24) イベール:3つの小品

[演奏]
デニス・ブレイン(ホルン)
マヌーグ・パリキアン(ヴァイオリン:1-13)
コーリン・ホースレイ(ピアノ:1-13)
ジョージ・マルコム(ピアノ:17-21)
デニス・ブレイン管楽アンサンブル(17-24)
パウル・ヒンデミット(指揮)フィルハーモニア管弦楽団(14-16)
[録音]
15-16.VI.1954 (1-13), No. 1 Studio, Abbey Road, London;
19.XI.1956 (14-16), Kingsway Hall, London;
VII.1957, Memorial Hall, Farringdon Street, London (17-24)
MONO (1-13, 17-24), STEREO (14-16)


《CD6》
1-2) モーツァルト:ホルン協奏曲第1番 ニ長調K.412
3-5) モーツァルト:ホルン協奏曲第2番 変ホ長調K.417
6-8) モーツァルト:ホルン協奏曲第3番 変ホ長調K.447
9-11) モーツァルト:ホルン協奏曲第4番 変ホ長調K.495
12) J.S.バッハ:『ミサ曲 ロ短調 BWV.232』~主のみ望なり
13-16) R.シュトラウス:4つの最後の歌

[演奏]
デニス・ブレイン(ホルン)
ハインツ・レーフス(バリトン:12)
エリーザベト・シュヴァルツコップ(ソプラノ:13-16)
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)フィルハーモニア管弦楽団
[録音]
6.VII.1953, London (12),
12 (1-5), 13 (6-8), 23 (9-11) XI.1953, Kingsway Hall, London;
20.VI.1956, Royal Festival Hall, London (LIVE, 13-16)
MONO
(Tr1-11:2011年リマスター/ Tr13-16:2014年リマスター)


《CD7》
1-3) モーツァルト:協奏交響曲 変ホ長調K.297b
4-9) ディヴェルティメント第15番 変ロ長調K.287
10) モーツァルト:歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』~「恋人よ、許してください」

[演奏]
デニス・ブレイン(ホルン)
バーナード・ウォルトン(クラリネット:1-3)
シドニー・サトクリフ(オーボエ:1-3)
セシル・ジェイムズ(ファゴット:1-3)
エリーザベト・シュヴァルツコップ(ソプラノ:10)
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)フィルハーモニア管弦楽団
[録音]
17-18.XII.1953 (1-3), Kingsway Hall, London; 19-21.VII.1954 (10),
28.IV, 2.V.1952, 28-29.V.1955, No. 1 Studio, Abbey Road, London (4-9)
MONO
(Tr4-9:2014年リマスター)


《CD8》
1-5) ヘンデル:2つのクラリネット、ホルンのための組曲 HWV.424(カール・ハース編)(初CD化)
6-7) ヘンデル:管楽のためのアリア ヘ長調HWV.410 & 411(初CD化)
8-12) ハイドン:ディヴェルティメント ハ長調 Hob.II:7「フェルトパルティータ」
13-15) ハイドン:ノットゥルノ ハ長調Hob.II:32
16-20) モーツァルト:セレナード第11番 変ホ長調 K.375
21-24) モーツァルト:セレナード第12番 ハ短調 K.388/384a

[演奏]
デニス・ブレイン(ホルン)
デニス・ブレイン管楽アンサンブル(1-7)
カール・ハース(指揮)ロンドン・バロック・アンサンブル(8-24)
[録音]
3-4.I. (16-20), 23.VI. (21-24), 15.VII.1952 (15-21), 24.IX.1953 (8-15),
No. 1 Studio, Abbey Road, London
MONO
(Tr1-7:2021年リマスター)


《CD9》
1-6) C.P.E.バッハ:管楽のための6つのソナタWq.184
7-11) ディッタースドルフ:パルティータ ニ長調(カール・ハース編)
12-17) モーツァルト:セレナード第11番 変ホ長調 K.375
18-21) モーツァルト:セレナード第12番 ハ短調 K.388/384a

[演奏]
デニス・ブレイン(ホルン)
カール・ハース(指揮)ロンドン・バロック・アンサンブル
[録音]
18.VI.1953 (1-6), 20.VI.1953 (7-11), No. 1 Studio, Abbey Road, London;
13 (18-21), 16 (12-17) V.1957, St. Gabriel's Church, Cricklewood, London

MONO (1-11), STEREO (12-21)


《CD10》
1-4) ドヴォルザーク:管楽セレナード ニ短調Op.44
5-8) グノー:管楽器のための小交響曲 変ロ長調
9-12) R.シュトラウス:ソナチネ第2番 変ホ長調「楽しい仕事場」TrV.291

[演奏]
デニス・ブレイン(ホルン)
カール・ハース(指揮)ロンドン・バロック・アンサンブル
[録音]
6-7.XII.1951 (1-4), 30.I.1953 (9-12), 24.XI.1953 (5-8),
No. 1 Studio, Abbey Road, London
MONO


《CD11》
1-5) ベートーヴェン:『11のメートリンク舞曲集』WoO.17 ~第2, 1, 3, 10, 11番
6-7) ダンディ:歌と踊り Op.50(初出音源)
8-11) R.シュトラウス:13管楽器のための組曲Op.4(初CD化)
12-15) リチャード・アーネル:10の管楽器とコントラバスのためのセレナーデOp.57(初CD化)
16-18) ノーマン・フォーバー・ケイ:管楽四重奏のための小品(初CD化)


[演奏]
デニス・ブレイン(ホルン)
カール・ハース(指揮)ロンドン・バロック・アンサンブル
[録音]
27.XI.1953 (6-7) No. 1 Studio, Abbey Road, London;
17 (1-5, 12-15), 18 (8-11, 16-18) V.1957, St. Gabriel's Church, Cricklewood,
MONO (1-5)/STEREO (6-18)
(Tr6-18:2021年リマスター)