こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

フルトヴェングラー&BPO/グルック“アルチェステ”序曲(1951)+ベートーヴェン“英雄”(1950) 2トラ38オープンリール復刻!

カテゴリ : ニューリリース | タグ : BEETHOVEN 2020

掲載: 2021年03月30日 00:00

 フルトヴェングラー

フルトヴェングラー&ベルリン・フィル、グルック:「アルチェステ」序曲(1951)+ベートーヴェン:「英雄」(1950)
2トラック、38センチ、オープンリール・テープ復刻シリーズ

制作者より
「アルチェステ」序曲はベルリンのシラー劇場開幕記念演奏会のライヴで(当日の写真が解説書に掲載)、「英雄」は1950年6月、ティタニア・パラストでの同じくライヴです。ベルリン・フィルの「英雄」は1952年12月のライヴが2種類存在する関係上、そちらの方に注目が集まりがちです。しかし、ダイナミック・レンジなど、総合的な音質で言えばこの1950年盤の方が2種の1952年盤よりも優れており、もしかすると、3種の中ではこの1950年盤が最高と言えるかもしれません。優劣はともかく、「アルチェステ」、「英雄」ともにフルトヴェングラー&ベルリン・フィルの神髄に触れることが出来ます。(平林直哉)
(キングインターナショナル)

GS2234(CD)
日本語帯・解説付

【曲目】
(1)グルック:歌劇「アルチェステ」序曲
(2)ベートーヴェン:交響曲 第3番 変ホ長調 Op.55「英雄」

【演奏】
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

【録音】
(1)1951年9月5日
シラー劇場(ベルリン)
(2)1950年6月20日
ティタニア・パラスト(ベルリン)

使用音源:Private archive (2トラック、38センチ、オープンリール・テープ)
録音方式:モノラル(放送用録音)