こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ロハン・デ・サラムが名匠フィストゥラーリと残したプロコフィエフ/チェロ協奏曲第1番が初CD化!

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2021年04月13日 18:00


PROKOFIEV: Cello Concerto [FHR118] トレーラー
レーベル公式YouTubeページより

アルディッティQのチェリストが
フィストラーリと残した貴重音源、初CD化!
プロコフィエフの野心作に果敢に挑んだ快演!

現代音楽を得意としアルディッティ四重奏団のメンバーとしても知られる名チェリスト、ロハン・デ・サラムによるプロコフィエフ集。1971年と1972年にオランダのラジオ放送のために行われたスタジオ・ライヴ音源をハイレゾ・リマスターして初CD化!チェロ協奏曲第1番はあまりの難しさゆえに後年ロストロポーヴィチの助言によって大幅に改変され『交響的協奏曲』になったというプロコフィエフの意欲みなぎる野心作で、独奏チェロの張りのある高音が強烈。ロハン・デ・サラムのエネルギーに満ちた演奏は作品の真価に迫っており一聴の価値あり。ロシア生まれの名指揮者フィストラーリがバックを務めているのも注目です。カップリングはロハンの弟ドゥルヴィが伴奏する室内楽。プロコフィエフ21歳のときに書かれたバラードと死の数年前に書かれたソナタを収録し、プロコフィエフの生涯にわたるチェロ音楽を俯瞰する内容となっています。
(キングインターナショナル)

FHR118(CD)
24bit/96kHzリマスター

【曲目】
プロコフィエフ:
(1)チェロ協奏曲第1番 Op.58
(2)チェロとピアノのためのバラード Op.15
(3)チェロとピアノのためのソナタ Op.119
【演奏】
ロハン・デ・サラム(チェロ)
(1)アナトール・フィストゥラーリ(指揮)、オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団
(2)(3)ドゥルヴィ・デ・サラム(ピアノ)
【録音】
(1)1972年4月26日、(2)1972年4月27日、(3)1971年4月14日/NCRV、放送用ライヴ