こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ALTUS最新技術で鮮やかに蘇るグールド若き日の貴重なCBC録音「グレン・グールド 若き日の記録」(2タイトル)

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2021年04月23日 00:00

グレン・グールド

新シリーズ「グレン・グールド 若き日の記録」始動!
入念なマスタリングで蘇るCBSデビュー前のグールド。
シルバーを用いた美しいジャケット印刷でモノとしての価値も十分!

 

ALTUS最新技術で鮮やかに蘇る、グールド若き日の貴重なCBC録音。才気ほとばしる類まれな感性、CBS専属契約前に残した名演奏が望みうる最高の音質で登場!

ジャケット・デザインはシルバーを用いたこだわりの印刷。画面上の画像データでは再現できない色になっておりモノとしての価値も十分。ぜひコレクションに加えたいアルバムです。
(キングインターナショナル)

グレン・グールド

“55年の衝撃”から遡ること1年、 既にこの時グールドはグールドだった!
若き天才の鮮やかな創造、54年のゴールドベルク

フルトヴェングラーの死の翌年、1955年に録音されたグールドのゴールドベルク変奏曲は音楽界に大きな衝撃をもたらした。しかしこれは突然生まれたわけでも、他の惑星からやってきたわけでもない。その前年に録音された当演奏が土台となっていたのである―

55年の「ソニー旧録盤」に先立つ、54年のCBC録音によるゴールドベルク。既にグールド無二の世界が出来上がっていながら、編集を駆使したソニー盤とは異なる感興が乗った非凡な演奏です。たっぷり歌うアリアに、聴き手をぐいぐいと引き込むスリリングな変奏。斬新な緩急が生み出す求心力と推進力に終始わくわくさせられます。グールドが影響を受けたというテューレックなどの録音と比べてその演奏を考察した解説書も、バッハ演奏史におけるグールドの存在を改めて見直すための一助となるでしょう。
(キングインターナショナル)

ALT479(CD)
国内プレス
2021年デジタル・リマスター
日本語帯・解説付
グレン・グールド 若き日の記録 第1集
「54年のゴールドベルク変奏曲」
J.S.バッハ:ゴールドベルク変奏曲 BWV988
グレン・グールド(ピアノ)
録音:1954年6月21日(モノラル)

グレン・グールド

すべてCBSデビュー前のCBC音源!
グールドをグールドたらしめたバッハ作品
若き天才の強烈な個性が刻印された貴重な記録!

これだけ正確に駆け巡る音型の有り余るまでのテクニックを聴かせれば、カナダの若き天才ピアニスト出現としてのインパクトは十分すぎるものだったと想像できる。パルティータ第5番の演奏は特に完成度が高く、音楽は若々しい感性と美しい透明感に満ちあふれているー

鮮烈なドライヴ感のイタリア協奏曲、対位法的な面白さとリリシズムがせめぎ合う平均律、後年の録音と同じ独自の配列がすでに完成しているシンフォニア、水際立った表現が輝かしいパルティータ。55年のゴールドベルクでCBSデビューを飾る前のグールドが残した、貴重なバッハ演奏の数々が収められています。フィッシャーなど往年のピアニストを引き合いに出しながらグールドの演奏を考察した解説書も、バッハ演奏史におけるグールドの存在を改めて見直すための一助となるでしょう。
(キングインターナショナル)

ALT480(CD)
国内プレス
2021年デジタル・リマスター
日本語帯・解説付

グレン・グールド 若き日の記録 第2集
「バッハ: ピアノ独奏曲集」
J.S.バッハ:
(1)イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV971
(2)平均律クラヴィーア曲集第2巻より第9番 ホ長調 BWV878
(3)15のシンフォニア BWV787-801(I. ハ長調/II. ハ短調/V. 変ホ長調/XIV. 変ロ長調/XI.ト短調/X.ト長調/XV. ロ短調/VII. ホ短調/VI. ホ長調/XII. イ長調/III. イ短調/III. ニ長調/IV. ニ短調/VIII. ヘ長調/IX. ヘ短調)
(4)平均律クラヴィーア曲集第2巻より第14番 嬰ヘ短調 BWV883、第7番 変ホ長調 BWV876、第22番 変ロ短調 BWV891
(5)パルティータ第5番ト長調 BWV829
グレン・グールド(ピアノ)
録音:(1)(2)1952年10月21日、(3)1955年3月15日、(4)1954年2月28日、(5)1954年10月4日(モノラル)