こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ブーレーズのINA正規初出音源!「春の祭典」(1989年)と「マーラーのアダージョ」(1995年)

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2021年05月14日 18:00

ブーレーズ

平林直哉氏による日本語解説付
これはすごい!ブーレーズのINA正規初出音源!
「春の祭典」(1989年)と「マーラーのアダージョ」(1995年)!
カップリングのカラヤン×ベルリン・フィルの「ティル」(1979年)も注目!

これはすごい!ブーレーズが1989年にフランス国立管を振った「春の祭典」が登場!日本語解説書を執筆した平林直哉氏によれば「個々のパートが実にくっきりと冴えており、全体の音も濃密である」とのことで、ステレオで聴く気迫の演奏は大きな期待を寄せられます。また 1995年、パリ管とパリ国立高等音楽院管弦楽団の合同オーケストラを振ったマーラーのアダージョは絶美の一言。この世のものとは思えないほど神々しい美しさで聴かせるブーレーズのタクトには脱帽です。

当アルバムのボーナストラックには1979年6月23日、カラヤンがベルリン・フィルを振った「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」を収録。当演奏はラジオ・フランスにおけるラジオ放送用に演奏されたもので、同日カラヤンが演奏したのはこの作品のみで、そのほかは団員の室内楽などを演奏したとのこと(詳細は平林直哉氏の解説に記載)。カラヤン時代のベルリン・フィルの響きを存分にお楽しみいただけます。

CDSMBA 079
(CD)
ステレオ
71'55
輸入盤・日本語帯・解説付
【解説:平林直哉】

(1)ストラヴィンスキー:「春の祭典」
(2)マーラー:「アダージョ」~交響曲第10番より
【ボーナストラック】
(3)R.シュトラウス:「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」
(1)フランス国立管弦楽団、(2)パリ管弦楽団+パリ国立高等音楽院管弦楽団、(3)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
(1)(2)ピエール・ブーレーズ(指揮)、(3)ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
ライヴ録音:(1)1989年7月2日/ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院(ミラノ音楽院)
(2)1995年1月13日/シテ・ド・ラ・ミュジーク(パリ)
(3)1979年6月23日/ラジオ・フランス会館104スタジオ(パリ)
音源:(1)(2)フランス国立視聴覚研究所音源提供、(3)ラジオ・フランス提供
(24bit/192KHz digital restoration and remastering from the original master tapes)