こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

サヴァール&ラ・カペラ・レイアル・デ・カタルーニャ、エスペリオンXXIによるビクトリアの最高傑作“聖週間の聖務日課集”が登場!(3枚組SACDハイブリッド)

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2021年07月02日 00:00

ジョルディ・サヴァール

ビクトリアの最高傑作「聖週間の聖務日課集」
サヴァールによる感動名演の登場!

トマス・ルイス・ド・ビクトリアの聖週間の聖務日課集は、ビクトリアの作品の中でももっとも彼の才のものすごさを示した傑作であり、頂点のひとつ。
サヴァールとビクトリアの音楽との出会いは、実に70年以上前、1949年から1953年にかけて所属していた合唱団でのこと。幼きサヴァールはその音楽に感銘を受け、その後音楽の道を志すきっかけのひとつとなったともいえます。

1585年に作曲された音楽が、現代の私たちを感動させる本質を探求するため、サヴァールらは、できるだけオリジナルの資料に、それからビクトリアの音楽に関連するグレゴリオ聖歌をはじめとした資料にあたりました。
ビクトリアが付曲したマタイとヨハネのテキストは複数の登場人物が介在する部分なため、サヴァールは、福音史記者とイエスのパートに分けて再構成しています。
サヴァールが丹念に読み込み、現代に生きる私たちのためにあらためて再構成した、キリストの受難について描いた音楽の中で比類なき高みにあるビクトリアの傑作、注目です!
(キングインターナショナル)

【曲目】
トマス・ルイス・デ・ヴィクトリア(1548-1611):
Passion(受難)~聖週間の聖務日課集(ローマ、1585年)


[CD1]
“枝の主日”
1-5. マタイ受難曲

“聖木曜日”
6-20. 預言者エレミアの哀歌
21-29. 6つのテネブレ典礼におけるレスポンソリウム
30-33. アド・ラウデス(ベネディクトゥス・ドミヌス、ミゼレーレ、パンジェ・リングァ)

[CD2]
“ 聖金曜日”
1-10. 預言者エレミアの哀歌
11-20. 6つのテネブレ典礼におけるレスポンソリウム
21-22. アド・ラウデス(ヨハネ受難曲)
23-26. イン・アドラツィオーネ・クルチス(まことに、わが弱さをば;わが民よ)

[CD3]
“安息日”
1-14. 預言者エレミアの哀歌
15-25. 6つのテネブレ典礼におけるレスポンソリウム
26-29. アド・ラウデス(ベネディクトゥス・ドミニス、ミゼレーレ、王のみ旗は)

【演奏】
アンドレ・モンティーリャ=アクレーロ(カントール)
ラ・カペラ・レイアル・デ・カタルーニャ
エスペリオンXXI
ルイス・ヴィラマホ(合唱指揮)
ジョルディ・サヴァール(指揮)

【録音】
2018年7月24-27日、ザルツブルク大学付属教会(コレーギエン教会)