こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Craig Armstrong(クレイグ・アームストロング)|映画スコアやマッシヴ・アタックとのコラボで知られるアーティストの新作『Nocturnes: Music for Two Pianos』

タグ : クラブ/テクノ

掲載: 2021年07月05日 15:35

Craig Armstrong

『ロミオ+ジュリエット』や『ムーラン・ルージュ』、『華麗なるギャッツビー』などのバズ・ラーマン監督映画のスコアや、マッシヴ・アタックとのコラボレーションで知られるスコットランドはグラスゴー出身の作曲家/アレンジャー/現代音楽/エレクトロ・アーティストであるクレイグ・アームストロング。2020年リリースしたCalum Martinとのコラボション・アルバム『EDGE OF THE SEA』に続く新作『Nocturnes: Music for Two Pianos』を完成させた。

今回リリースされる『Nocturnes: Music for Two Pianos』は2つのピアノのための作品『NOCTURNES: MUSIC FOR 2 PIANOS』。本作には彼が2020年から2021年の間に制作した14の楽曲が収録されているが、そのほとんどが、英国中がロックダウンとなっていた時期に、外出禁止となっていた夜の間で作られたものだという。アームストロング曰く、2台のピアノのための楽曲としたことで、より抽象的な曲を作ることができ、メロディーやハーモニーの輪郭がぼやけた拡散した音を作ることができたという。収録されているノクターンは繊細なメロディの断片に焦点を当てており、作曲の過程を明らかにしながら展開されている。そして、それぞれの小品は独立していながらも、各楽章の雰囲気や意図は全体としてまとまったものになっているのだ。

自宅で作曲・録音した本作の制作は、アームストロングにとってパンデミックの中である意味、癒しの時間でもあったという。それゆえに彼は、アルバムの音の美しさと音楽の内省性が、聴くものにとってこの奇妙な時代に慰めを見出す助けになるかも知れないと思っている。本作『NOCTURNES』をアコースティックなアルバムにしたいと考えたのも、この形式であれば、演奏したいと思う2人のピアニストがいれば、誰でも楽曲を演奏することができるからだと彼は語っている。音楽の持つ癒しの力が込められた本作『Nocturnes: Music for Two Pianos』。長く静かな夜にぴったりの作品である。

輸入盤CD

輸入盤LP

収録曲:
01. Nocturne 1
02. Nocturne 2
03. Nocturne 3
04. Nocturne 4
05. Nocturne 5
06. Nocturne 6
07. Nocturne 7
08. Nocturne 8
09. Nocturne 9
10. Nocturne 10
11. Nocturne 11
12. Nocturne 12
13. Nocturne 13
14. Nocturne 14