こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

夭折のチェロ奏者 アニア・タウアーのドヴォルザーク:チェロ協奏曲が180グラム重量盤LPで復活!

カテゴリ : ニューリリース | タグ : 高音質(クラシック) クラシックLP

掲載: 2021年07月27日 00:00

アニア・タウアー

「ドイツのジャクリーヌ・デュプレ」といわれたチェリストによる衝撃の名盤をLP化
アニア・タウアー~ドヴォルザーク:チェロ協奏曲

ドイツの女流チェリスト、アニア・タウアーは国際的なキャリアのスタート地点に立っていた時、28歳で亡くなりました。数年後『ガーディアン』紙が「今まで聞いたことがないほどの偉大なチェリスト」と称えました。アニア・タウアーは1945年生まれで、「ドイツのジャクリーヌ・デュプレ」といわれ、この1968年の録音は音楽界に衝撃を与えました。その名盤が今回LP化されることになりました。
タリー・ポッターによる新規ライナーノーツ掲載のブックレット付き。
(ユニバーサルミュージック/IMS)

収録予定
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲ロ短調Op.104

【演奏】
アニア・タウアー(チェロ)
ズデニェク・マーカル(指揮)
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団

【録音】1968年3月、ハンブルク