こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

グレン・グールド 若き日の記録 第5集「58年のゴールドベルク変奏曲」バンクーバー・ライヴ!

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2021年08月24日 18:00

グールド

他のどの録音とも違う『ゴールドベルク』
グールド、58年バンクーバー・ライヴ!
自在な緩急で弾き切った一回限り・驚きの大名演!
音質も今までにない鮮烈さで登場

グールドはステージ上でも聴衆のためでなく、あくまでも自分のために弾いている。自身の内で瞬間に湧き上がってきた音楽をこのディスクを通じて我々は聴くことができるわけだ。ここにはインテンポを維持して完成させた55年のスタジオ録音では聴くことのできない、内面の音楽が残されている―

Altusの最新技術で鮮やかに蘇る、グールド若き日の貴重なライヴ録音。知られざるゴールドベルクの名演、58年バンクーバー音楽祭でのライヴが望みうる最高の音質で登場!
スタジオの録音技術を駆使して緻密に作り上げた55年の『ゴールドベルク変奏曲』で一躍音楽界にその名をとどろかせたグールド。多忙な演奏活動に明け暮れるうちコンサートというものを疑問視し、精神的不調の波にもまれ、50年代から既に演奏会のキャンセルが多くなっていきます。そんななか興が乗って充実したライヴ演奏を繰り広げることもあって、この58年バンクーバー・ライヴがまさにそれ。ライヴの一回性の中でイマジネーションが自由に飛翔した素晴らしい『ゴールドベルク変奏曲』です。大胆な緩急を持ち、各変奏の繰り返しの有無にも独自性がある演奏で、55年のスタジオ録音を完成された設計図としつつもそこにこだわらない自在さがあり、大きな違いがあります。また59年のザルツブルク・ライヴでは81年スタジオ盤へと繋がっていくテンポ感が現れてきますが、このバンクーバー・ライヴは緩急のせめぎ合いがまだまだ白熱しています。ブックレットには各録音を比べながら詳細に検証された演奏論が掲載され、圧倒的な読み応えとなっています。
ジャケット・デザインはシルバーを用いたこだわりの印刷。画面上の画像データでは再現できない色になっておりモノとしての価値も十分。ぜひコレクションに加えたいアルバムです。
(キングインターナショナル)

【曲目】
J.S.バッハ:ゴールドベルク変奏曲 BWV988

【演奏】
グレン・グールド(ピアノ)

【録音】
1958年7月23日/バンクーバー音楽祭でのライヴ(モノラル)