こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

バルビローリ最後のマーラー録音 交響曲第5番&リュッケルト歌曲集が2020年リマスター音源よりLPレコード化!

カテゴリ : ニューリリース | タグ : 高音質(クラシック) クラシックLP GUSTAV MAHLER

掲載: 2021年08月27日 12:00

バルビローリ

バルビローリの最後のマーラー録音となった「第5番」&「リュッケルト歌曲集」が、2020年リマスター音源を使用し、180gアナログLP盤として限定生産

40年以上にわたる指揮者ジョン・バルビローリのレコーディングは、格言的な暖かさと寛大さを持ったキャリア、英国音楽の変革力、そして当時の偉大なアーティストと協力した伝説的な人物の軌跡をたどりました。マーラーの交響曲録音は、ディスコグラフィ中のランドマークとして特に評価されているものです。その中でもバルビローリの演奏の核心を示す彼の最後のマーラー録音となった「第5番」。そしてジャネット・ベイカーをソリストとした「歌曲集」は二人のマーラーの声楽作品の円熟した理解を示すものです。

2020年にリリースした「バルビローリ/ワーナー録音全集」と同音源の、オリジナル・マスターテープより2020年24bit/192kHzリマスター音源が使用され、180gアナログLP盤として限定数量生産で発売いたします。
(ワーナーミュージック)

【曲目】
マーラー:
《SideA》交響曲第5番嬰ハ短調:第1&2楽章
《SideB》交響曲第5番嬰ハ短調:第3楽章
《SideC》交響曲第5番嬰ハ短調:第4&5楽章
《SideD》リュッケルト歌曲集

【演奏】
ジョン・バルビローリ(指揮)
ジャネット・ベイカー(メゾ・ソプラノ:SideD)
ニュー・フィルハーモニア管弦楽団

【録音】
16-18.VII.1969
Town Hall, Watford, Hertfordshire